2003年 関西リゾート篇(2)

朝食

絶好のシチュエーションでの朝ごはん。準備することすら楽しい。
パンは、M氏ママの差し入れの明太子フランスと黒胡麻&さつま芋のパン。そして私が焼いていったシナモンレーズン。ゆで卵はM氏のお得意の作。サラダはキャベツ、トマト、キュウリ、大根をもろみみそベースのドレッシングであえて、トッピングにおつまみのアーモンドを乾煎りして荒く砕いた物を。
スープは、かぼちゃやズッキーニや玉葱やらも入れたかな。コンソメベースで。
粗引きソーセージは持参したローズマリーとオレガノでボイル。風味が移って清々しい後味になります。
殆ど朝の台所を占拠してしまいました。楽しくてしかないです。たくさん差し入れてもらった食材をどうやっつけようかと、考えてるだけでも楽しいけど、いざ料理していくのも実に幸せな気分です。
野菜を特にたっぷり摂れたのが気持ちいい。その野菜のどれもが、自家製だったりするのですからもう云うことありません。
デザートはよく熟れた白桃をカットし、これも持参のミントをトッピング。ジューシーで甘い果肉をミントで引き締めます。

某昔の建物群

中世の建物やら、住居などが再現されている処があると聞き、本日のエクスカーションはそこに決定。
竪穴式住居。
リアルだし、背景と溶け込んでいます。
内部は精巧に出来ていました。しばしみんなで観察。
年月が経っているせいか、苔むしてたり、草が生えてたりしている屋根。

公園内は、私たち以外殆ど人を見かけることなく、静かな散歩を楽しみました。

道端にはクローバーが群生。メンバーの内の二人が、しゃがみこんで四葉を探しているのが印象的でした。ふふ。

古い民家の脇の古い農具。この近辺、普通にこういうものがあるお宅ってきっと少なくないのかも。
此処には温泉も涌いていて、ゆったりと温泉を堪能しました。
お風呂上りには、やっぱ牛乳でしょう?
女子はこの牛乳を、男子はこの牛乳をベースにした、バナナやら桃のジュースを。

おやつ

朝ごはんの残りのシナモンレーズンパンなど。コーヒーを挽いて、きちんとS氏に煎れて貰い、つまみました。
お昼ごはんは、朝ごはんをお腹一杯食べたので、パスです。この後少しお昼寝して、晩ごはんのために行動開始です!

夕食

川魚を串に指して焼いてかぶりつこう!と云うのがこの計画の真っ先に上がっていました。なので必須事項。今回は、釣りを楽しむ時間が全くなかったので、男子がフィッシングセンターで購入してきました。
これには、塩を振った後、ローズマリーとオレガノがお腹に押し込まれています。・・・えっと、山女?だっけ?(魚の名前を本当に覚えられない・・)

で、こっちが岩魚、だっけ?
串が一本だとうまく安定せず、井桁のようになりました。何はともあれ、目的達成~カプ~! 美味しいっ!
本日のラインナップ。お魚メインに、でもお肉もまだまだある。野菜も相変わらずてんこ盛りでテーブルに並べます。さ、やっつけましょう!

今日は、私はビールをグレープフルーツジュースで割ったり、赤ワインをオレンジジュースで割ったりして、ガンガン飲みました。ビールは沢で冷やしているからキーンと冷えてたまらない喉越しです。
左)お魚一匹はお刺身にしてもらい、マリネにしたり、生姜醤油で食べたり。

右)椎茸は、エクスカーションの時に立派なのが袋に売られてたので購入。練り物は途中の海老名で購入し、焼きまくり。
進むよねえ、アルコール。
骨付きカルビを焼いてたら、炎が上がった! 何だかそれはそれで盛り上がりますね~。
炭で焼くと何でも美味しい。
焼きそばは、M氏が誰にも手出しをさせない自慢の作。
余ったら明日のお弁当にしようか、なんて云ってたんだけど全然余りませんでした。ははは。
デザートのために、一旦ごはん関係を撤収。
デザートは、スイカのフルーツパンチ。
夕方Yaeさんにスイカをくり抜いてもらっていたのです。白桃をカットしたのも合わせて冷やしておき、食べる時には炭酸、オレンジジュース、ちょっと赤ワイン!
こういうのもやってみたかったのです!嬉しい!
そして前日に引き続き、花火を。派手なのもいいけど、線香花火も持つのも10年ぶりくらい?しみじみしてしまいました・・・。

あとは、部屋の中に戻り、またコーヒーを入れて、テーブルを囲み・・・なんだか面白い発言ばかりで、笑い死にそうになっていました。笑いすぎで、息が出来なくなるって苦しいのね。とにかく楽しい夜でした。
最低一週間は、此処に居た方がいいかも。2泊3日では堪能しきれません。
この日も、夜風呂派の私が最後にシャワーを浴びて、眠りに就きました。