1995年 U.K.篇 この旅行について

四季の旅社のヴァージンで行く英国周遊

価格:168,000円(95年5月16日~26日)
ヴァージンアトランティック航空の成田~London往復航空券と、London2泊の料金

その他のホテルは別途、四季の旅社に手配してもらいました
スケジュールはトーマスクックの時刻表と首っ引きで私が組みました

※四季の旅社は、程なく倒産してしまいました。あぶなかった・・・。

選んだ理由

★ヴァージンの評判を聞いていたので絶対乗ってみたかった
★ヴァージン往復で、他社と比較してリーズナブルだった

この日程にした理由

★前回英国を旅した時にはLondonを拠点にしたので、今度はいろいろな処に行きたかった
★でも、都市は絞ってそれぞれゆっくりしたかった

旅行から戻って

ヴァージンアトランティックは評判通り快適でした。
勿論エコノミーしか乗れませんが、それでも満足です。

各シートについてるモニターで、映画が観れます、TVゲームが出来ます、現在どの辺飛んでるのか判ります。
お持ち帰り可能のヘッドフォンで聴けるmusicも充実。

今度も機会があれば絶対ヴァージンです!

British Railでのんびり旅が出来たのが、今思い出してもゆったりと幸せな気分です。
自分で旅程を組みたてたのも充実感を得られてよかったです。

英語が殆ど駄目だったので、「英語が喋れるようになりたい!」と決意させた旅でした。

英国の田舎のにおいが好きです。
何処かでお豆を煮ているようなあったかくて豊かなにおい・・・。

湖水地方で感動したのはPublic Footpathの整備されてること。
きちんと舗装されてるとか云うんじゃなくて、けもの道みたいな程度ですよ、実際。
誰かさんのお庭の横からずっと向こうの丘まで公共のお散歩みちにしてもらってるって感じです。

English Breakfastも堪能できました。
なんと云っても紅茶は美味しい。