2016/12/07

俺のBakery&Cafeの山形パンでサンドウィッチ


俺のbakery&Cafeの山型の食パンをサンドウィッチにしました。
マヨネーズで和えたツナと薄焼き卵のシンプルなサンドウィッチです。
吸いつくようなもっちりとしたクラムが美味しかったです。

ケニアのミルクティと、はちみつを垂らした自家製ヨーグルト、取り寄せたりんご、サラダは相変わらず作り続けている酢しょうがに少しのしょうゆとごま油、黒胡椒を加えたドレッシングで。
豆もやしがあるとなぜかごま油を足したくなります。


東京都庭園美術館がリニューアルオープンしたのにずっと足を運ぶ機会がありませんでした。
しかし『アール・デコの花弁 旧朝香宮邸の室内空間』が会期を終えようとしていたので、思い立って行ってきました。

関東に引っ越してきた頃は東京の何処に出掛けて行ったらいいのやらあまりよく判っていなかったのですが、この美術館で開催される展覧会には惹かれるものが多く割と通った記憶があります。
でもいつも人が多くわさわさした感じの中で見ていたので、この素晴らしいアールデコのインテリアをじっくり見ることができる機会を逃してはならないと思いました。
平日は来館者も落ち着いているし、しかも周りの方に気を付けることを条件になんと撮影が可能という嬉しい計らいがあり、じっくりと楽しめました。
撮ったものを全部載せてもアレなので、一部だけ。こちらは次の間のアンリ・ラパンデザインの香水塔。

大客室のシャンデリアはルネ・ラリック制作。

階段もじっくりゆっくり鑑賞しながら登れます。

アイアンワークに惹かれます。

タイルも様々な素材が使われています。

テラスのも可愛い。

すごいなあと思ったのは、夏の暑いとき用のリビングが北向きに作られていること。

ひんやり快適に過ごせますね…うらやましい。
本当に切りがないのだけど、照明がどれもこれも素敵。

こちらは特に我が家にもほしいとすら思ってしまいます。おこがましいけれども。

新館もできていたのですね。
同時開催の『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち』も鑑賞し、カフェにも寄ろうかと思いましたが室内はウェイティングとのこと。
うーむ、残念。

庭園も一部整備が完了した処は鑑賞できますが、こちらの方はすべて完成してからにしようかなと思い、美術館を後にしました。


健脚の私はそのまま恵比寿ガーデンプレイスへ歩き俺のbakery&Cafeへ向かいましたが、ここでも満席のためパンを買って帰った次第です。
心地よい疲れの一日でした。