2009/03/22

東京:丸の内「叶匠壽庵」


ちょっと前に夫と二人で甘いものでも、と立ち寄った新丸ビル地下の茶房。

私は、あんみつ840円。
ちょうどトッピングにアイスクリームをサービス中とのことで、ラッキー。
抹茶の蜜をかけて、ほろ苦さをアクセントに。
かなりボリュームのあるあんみつで食べ応えがあります。
白玉もモッチリしていておいしかったです。
あんは、ちょっと好みではなかったですが・・・。

夫は、よく見ないと一瞬何があるか判らないディスプレイに惹かれて・・・。

葛です。
カキ氷かと思いましたが、上に細長い葛が横たわっています。

最初オーダーした時に、「これからお作りしますので15分ほどかかりますが」と聞かれ
少し悩んで、寧ろ作って貰いたいと思い、お願いしました。
葛、いいなあ。
私も味見させてもらい、同じ840円ですが、こっちにすればよかったなあと思いましたよ。

此処最近、葛っていいなあと思っていた処です。
東京に来て、久寿餅をしばしば食べる機会があり、
これはこれで美味しいのですが、なんで葛粉じゃなくて、小麦粉なんだろうと
若干不思議に思っていました。

でも、葛で作った葛を食べると、大げさですが記憶はよみがえり、
「やっぱり葛がいいなあ~」と強く思うようになりました。

思い出すのは、福岡は秋月で食べた葛きり。
訪れると決まって葛きりを食べていたように思います。
お店の名前も全然覚えていないし、もう何十年も行ってないので記憶があやふやですが
夢の中の出来事のように思い出されるのでした。
多分、桜の季節に友人たちと賑やかに連れ立って行ったのが最後だったからかなあ。