2010/02/23

カラスミパウダーで鯛のカルパッチョなど


夫が急にカラスミパウダーを購入したため、
一袋を一気に使い切るべく、その時期は毎日何かしらにカラスミパウダーを忍ばせました。

冒頭は、鯛のカルパッチョ。
鯛なんだけど、カラスミ風味という不思議なメニューですが、
コクが出てこれもありだなあと思いました。

カルパッチョって出されたら抵抗がないのですが、
自分で作る時には、オリーブオイルをかけるのに何となく抵抗があります。
新鮮なお魚には、醤油とワサビでしょ、何故に油を・・?という気持ちです。
日本人だなあと思う瞬間です。

お餅をビタントニオ ワッフルメーカーで焼いたワッフルに。

チーズとカラスミパウダーをサンドします。
とろとろチーズに絡まるカラスミパウダーは間違いのない組み合わせだな、
と確信しました。

炭水化物にも合うので、大胆におにぎりにも。

タラコのおにぎりみたいな感覚です。
これを焼いてもよさそうです。

ペンネで、イカと小松菜のペペロンチーノもカラスミ風味。

なんでもかんでもです。

オムレツにも勿論。

野菜が多すぎで、オムレツが破裂しています。

その他、パンにも鋭意焼きこんでみています。
リーンな生地のほうが合う気がします。
パン関連は、Bread+Lifeにて。

3袋セットで購入したため、まだあと2袋あります・・・。
ほとぼりが冷めたら、再度復活しますか。