1998年 福岡篇:ホテルニューオータニ博多朝食、チャイハナ、

朝食「千羽鶴」(ホテルニューオータニ博多)

朝食はここか、昨日私がアフタヌーンティを楽しんだGreen
Houseのどちらかで和食か洋食かが決まります。こちらは最上階の14階で眺めもよく、遠く油山なども望めます。油山は遠足スポットもしくは夜のドライブコースに最適・・・です。

お味噌汁でちょうど隠れてますが、イカの塩辛の小鉢もあります。これは上品なお味。でも全体的に塩っからい気がしました。とはいえ、こんな風な和食の朝ゴハンって最近食べてなかったです。一口ずつのおかずってのは基本的に女の人は特に好きですよね。
ホテルで母と別れてそれぞれ自分の今日の行動に。私は次の約束まで時間があったので、またベッドにもぐりこんだり新聞読んだりして部屋でくつろいでいました。チェックアウト時間が遅いのはこんな時いいですよね。

お茶「サマセット(閉店)」(天神岩田屋新館A-LIVE)

もうひとりの従妹とお茶。
ここはマリアージュフレールの紅茶を使っています。ポットサービスなのはウレシイのですが、なんだかぬるいのが拍子抜け。ダブルポット方式なのでさし湯と云う考え方も無いみたいです。アッサムの香りもあんまりしなかった・・・。

ケーキを頼むとソフトクリームがついてくるのはお得な気分。ケーキを楽しむ場所と割りきりました。一回のお茶で全てを判断するのって難しい事かもしれませんが、サービスにむらがあることのほうが問題じゃないかなぁなんて思ったりもする訳です。別に評論しに行くんじゃなく、客としてただ紅茶と時間を楽しみたいだけなんですから。(追記:すでに新館ごと存在していません)

Afternoon Tea「チャイハナ」(中央区浄水通)

アフタヌーンティ1,570
今夜お泊まりさせて貰うお友達夫婦と一緒に。サンドウィッチとスコンとキッシュと云う取り合わせ。どれも美味しかったです。キッシュってのが目先が変わって面白いですよね。数種類の味がありました。全部食べきれないほどの量!お茶はピュアアッサムを。

こんな世界もあるんですよ~(笑)>お友達のダンナ様@釣りとロック。いかがでしたか?お付き合いいただき、どうもありがとうございました。

ティルームは落ち着いていてエレガントな雰囲気。もちろん禁煙。お子様連れは御遠慮をと云う但し書きがあります。近くの女学園の制服を着た女の子とその両親と云う3人が隣のテーブルに座っていましたが、なんだか上品そうな家族で和やかにアフタヌーンティの時間を過ごしていました。そんなのをちらっと視界に入れるのも自分の気持ちがふんわりと心地よくなれます。
カカオロマンス地下。このサインを目印に。

お買い物(アンティークス ミス・エンジェル:中央区浄水通)

チャイハナを出て御主人と別れ、友達と浄水通を薬院方面へぶらぶら歩いて行きました。
浄水通はお嬢様学校があったり、動植物園があったり、素敵なお店があったりで雰囲気のとてもある大好きな通りです。私の福岡での披露宴も浄水通で行いました。
その浄水通にあるアンティークショップ。プレート、カップ&ソーサー、アクセサリー、ホウロウ雑貨、付け襟、レース・・・・。
どれをとってもセンス良いものばかりですが、最初に目にとまったクレセント皿がどうにも私の心を捉えて離さなかったので連れて帰ることにしました。オーナーの女性の方も感じのいい方で、全てご自身で買い付けにいってるそうです。
彼女はなんと私達と同い年。また一人素敵な人と巡り会えて、お買い物以上になんだか嬉しいモノを手に入れた気がしました。私も頑張らなくっちゃ。

お茶「紅茶亭」(筑紫郡那珂川町)

ここまで読まれた方はビックリされるかもしれませんが、またもやお茶の時間です。
というのも友達の家の近くにあるこのお店、彼女が「ここに連れてこよう!」と考えてくれていたのです。いいなぁ、家の近くにこういう紅茶の美味しいお店があるなんて・・・。
広々とした店内は、木のテーブルが落ち着いて素朴な暖かい雰囲気です。完全禁煙なので安心して紅茶の味と香りが楽しめます。一人一人にランチョンマットが敷かれていました。
結構歩いて疲れていたので、こんな時にはロイヤルスパイスティ。自家製ビスケットが添えられるのもいいですよね。スプーンの置き方にこだわっていたのが面白かったです。そんなに英国って厳密にスプーンの場所ってウルサカッタかしら?

お土産に友達にファインアッサムティを買ってもらいました。ありがとう!美味しいよ!茶葉の他、ハーブティ、お茶グッズもカタログで通販も出来ます。


友達の家の近くの居酒屋さん。
お料理が美味しいし、ワインにも力が入ってる店作りをしているみたい。

友達と2人で白ワイン片手に、お豆腐のサラダ(ごぼうの千切りを揚げた物がかかってて美味)、山芋のお好み焼き、お造りなどをつつき合いました。
共働きで日々忙しいのにこんな処にそっとspecialなバラを活けて迎えてくれたりする心遣いが好き。

どちらもとても珍しい品種ですよね。名前聞いたんだけど忘れてしまいました。
ゴメンナサイ。
彼女の暮らしを見て学ぶ処が多く、わざわざ押しかけてお泊まりさせて貰ってよかったなぁとしみじみ思いました。

朝食(福岡空港内)

カウンター越しに着陸する飛行機を眺めつつ、前夜お泊まりさせた貰った友達と朝ゴハン。わざわざ早起きして空港まで付合ってくれました。

また今度福岡に行けるのはいつなんだろうなぁ。もう実家がなくなって「帰る」ではなく「行く」という表現になってしまうけど、でも気持ちはやっぱり「帰る」なんですよね。
空港で買ったお土産は、辛子明太子、辛子明太子プリッツなど・・・。