2009/02/05

晩白柚でザボン漬


墨田区の生涯学習センターでこの秋冬行なっている、
旬の野菜&果物講座で、今年最初の回ではかんきつ類を題材に選びました。
毎回、色んな品種を取り揃えて食べ比べをしていて、
この時のラインナップの一つに晩白柚を購入していきました。

皮も希望する方にお持ち帰りしていただき、それぞれに活用をしてもらいました。
私も少し貰って帰って、ザボン漬を作ってみました。

・・・奈良漬みたいになっちゃいました。
上白糖が十分になかったので、きび砂糖にしたから。
大体その砂糖の量も、皮の量と同じ、と大抵のレシピでは書いていますが、
なんだかその砂糖を全部使うかと思うとひるんでしまい、
6割近くに減らしました。

手順は、物凄く簡単なやり方を参考にしました。
まず、黄色い外側の皮をむきます。
これがオレンジピールとは違う処で、ザボン漬のやり方です。
5mm幅に刻んで、水につけて約1晩。
水気を切って、砂糖をまぶし、炊飯器に入れて、お酒を少々振りかけ、スイッチオン。
スイッチが切れて炊き上がったら?、グラニュー糖を敷いたお皿に並べ、
上からもグラニュー糖を振りかけ、水分を飛ばして出来上がり。

とは云うものの、あまり水分は飛ばず、しっとりしたザボン漬になりました。
食べてみたら、晩白柚の香りも残り、なかなかに美味しい。

その次の講座では、
前回のテーマ素材を楽しんだ様を発表するワークを行なっているのですが、
みなさんにちょいと試食をしていただき、割と好評を頂きました。
きちんと砂糖の量を保って作られた方もいらっしゃって、
個人的には、 そちらの方が「ああ、ザボン漬のイメージにぴったりだなあ」と感じました。
私は、カロリー抑え目バージョンと云うことで、許していただきましょう。

流石に一度にたくさんでき、夫は全く食べないので、冷凍しておいて、
小腹が空いた時にちょいとつまんでいる日々です。

今週、夫がとうとう風邪を引いてしまいました。
最初はあまりに高熱が出てしまったのと、彼の職場でインフルエンザの方がいたため、
「すわ、インフルエンザ!?」 と一時は観念しつつ、家庭内でもマスク着用して備えましたが、
検査の結果、風邪と認定され、一応一安心。
しかし安心と云うには、彼の人生の最高体温を記録して、
かなり辛そうでした・・・。

でも変な話、こういう時に夫婦でいてよかったなあと、
及ばないながらもケアができる訳だし。

それはそうと、今日のアラシちゃん!
DAIGOがいつも、嵐と一緒にいて違和感がないのも面白いけど、ニノが!
ニノが短髪になっていて、とても好青年でした。
私は断然、ニノ短髪支持派です。

春には、少しは、恩返しができたかなマラソン に続く3部作の最終章として、
DOOR TO DOOR~僕は脳性まひのトップセールスマン というドラマに主演する予定なので
その役柄に合わせているのでしょうか。
前2作とも、とても胸に迫る二宮くんの演技が素晴らしかったので、
今度も期待して待ってます。

大竹しのぶさん、田中美佐子さんときて、今回は樋口可南子さんがお母さん役だそうで、
いい女優さんたちとの共演ができて良かったねえというか、
お母さん役が羨ましいというか。

日経TRENDYの嵐の特集記事も良かったです。
滅多に取材を受けないジュリー藤島さんのインタビューもあるし、
何故、嵐の独自レーベルがあったり、5人が主役の映画が3本もあったのかなど、
様ざまな戦略が改めて判りました。
記事を書いている人が、嵐のメンバーの人となりをとても良く把握して表現し、
さらに取材の範囲は、よしかずちゃんにまで及んでいて、
あまり知らない人でも、彼らのことを捉え易いような特集でした。