2016/11/13

チーズヴィエノワと茹でシャウエッセン


自家製チーズヴィエノワでの朝食。
ミニオムレツや、ワサビ菜とサラダほうれん草と人参の酢生姜ドレッシングのサラダ、ミルクティ、はちみついり自家製ヨーグルト、羅・フランス。

しかしここで言いたいのは、シャウエッセンはソテーではなく少量のお湯でボイルだというのがTwitterで回ってきたのと、先日飛び込みで入ったドイツソーセージのお店で食べたボイルのがとてもおいしかった経験から茹でてみた処、「シャウエッセンは茹でるが最高」ということなのであります。
あまりソーセージについて詳しくなかったので、目から鱗が落ちる思いです。

今まで卵料理と一緒にソテーしていましたが、それ以来朝の食事の準備にひと手間が掛かってしまうようになりました。
しかしそれでも茹でるがよろしい。
パリッとした食感もいいし、余分な脂もなくなります。

まだまだこの世には「こうした方がいいんだよ」という事柄がたくさんあるようにも思えます。
まだまだこの先の人生があると思っているので、そういうのを少しずつ積み重ねていけばいいかな。