• ホーム
  • 旅行の記録
  • 国内旅行
  • 2019年 福岡篇:西鉄ホテルクルーム博多の朝食、カフェレジャン珈琲舎のだ、大東園、飾り山笠、吉祥果、蜂楽饅頭
2019/07/14

2019年 福岡篇:西鉄ホテルクルーム博多の朝食、カフェレジャン珈琲舎のだ、大東園、飾り山笠、吉祥果、蜂楽饅頭

朝食「アジアン磯貝じゃこくじら」(西鉄ホテルクルーム博多1F)


ホテルの朝食は、こちらの選べる和定食かもう一つのレストランでの和洋ビュッフェのどちらかを選べるので、最初の朝はこちらにしてみました。二人とも長浜市場直送 鯛茶漬け膳。鯛と出汁はすぐに準備されますので、その間におかずのビュッフェを自分で取り分けてきます。
鯛茶用にセットした鯛。出汁を掛けて美味しくいただきました。

雑炊も気になるので、二人で一杯をシェア。

心太があると素通りできないタイプです。

この後は法事なので、ささっと食事を済ませて博多駅へ。



笹栗の南蔵院、雨がかなり降り続いている中での法事も無事終わり。

おやつ「カフェレジャン珈琲舎のだ」(福岡市博多区)



カフェオレ730円で一息。熱々の牛乳が入ったカップに、コーヒーを注ぎます。

出来上がり。



カフェの入っている阪急の地下をぶらぶら。朝に果物を食べていなかったので、果物を食べたい…というわけで、ちょうど並べ始めた福岡県産シャインマスカットを購入しました。ぷりんとして美味しそう。いったんホテルの部屋に戻って食べることにしました。
甘さが強いというよりは、爽やかな上品な甘さだったような。瑞々しさを身体に取り込めて、生き返る思いです。

昼食「大東園」(福岡市博多区)


去年こちらの前を通った時、なんだかおいしそうな感じがする…と夫がしきりに気にしていて、今年行くときにはここでご飯を食べようと初めから決まっていました。福岡にいた時には焼肉よりも焼き鳥で育ったため、こちらの老舗のお店を存じ上げず…今回私も初めてお邪魔しました。
予約なしで午後遅めの時間、15分ほど待って1階の掘りごたつの席へ通されました。いろんな人のサインが飾られていて人気店というか定番のお店なんだろうなあと。そしてそれは食べればわかりましたよ。二人とも匠定食3,600円をオーダー。夫はさらにアルコールなど。
最初にサラダ、カクテキ、もやしのナムルが運ばれて、お肉の盛り合わせがどどーんと。

早速焼きます。ご飯とスープはお代わり自由。スープをお代わりしました。

どれも美味しいので、モモ薄切りと焼レバーを追加。

デザートはシャーベットか杏仁豆腐かで、後者を。

この定食はとても合理的でよいと思います。人数が少ないので、ちょっとずつ色々食べたい向きに最適。どれも美味しくて、しばらく二人とも余韻に浸っておりました。また行きたいな。

観光


今年もぶらぶら飾り山をいくつか見学します。上は上川端の神武東征誉。下は川端中央街の決闘巌流島。

個人的に一番見たかったのが、今年特別に飾られたイムズのあの吹き抜けの中!こちらは記紀伝神功皇后。

安曇儀良丸伝説。

イムズの建物が好きでよくぶらぶらしていたのですが、天神ビッグバンの再開発に伴い2021年8月末で閉館となってしまうので、淋しい気持ちで一杯です。特徴的な大空間に飾り山というまたとない取り合わせに見入ってしまいました。
福ビルもとっくに入れなくなっていましたし、一抹の淋しさもありますが、ビッグバンでどんなふうに変わるのか楽しみにすることとしよう。
折角なのでイムズのフルーツパーラーに行こうとしたら長蛇の列だったので諦めました。結局一度も入れないままだったかも。
新天町の方へ流れて。神話稲羽之素菟。

お馴染みサザエさん。

この後、PARCOでのガンプラの展示を夫だけ見に行き、私はちょいとお買い物。

おやつ「吉祥果」(福岡市中央区)


で、以前もお邪魔したこちらでパフェを食べることにしました。私はモモのパフェ2,000円。2個分使ったド迫力のパフェ。幸せ過ぎる…。夫はフルーツパフェ800円。



バスで博多駅へ戻り、ぶらぶらしながらお土産を買った後、久しぶりの蜂楽饅頭に素通りできず。

熱々を食べたい処ではありますが、汗もかいたのでさっと温泉大浴場でさっぱりして、ラウンジのハニー珈琲を購入してきて、ほんのり温かいところをいただきました。夫は白、私は黒。1個100円。
やっぱりはちみつの甘さが美味しい。西新の本店のヘビーユーザーだったので、そろそろ数十年ぶりにそちらにも伺いたいなあ。
さて、晩御飯どうしようかねと話していたのですが、お察しの通り少し遅めの焼肉ランチをあれだけ堪能し、フルーツパフェを食べ、蜂楽饅頭まで食べてしまうともう終わってしまいますよね…満腹過ぎて爆睡し、やっとのことで起きて大浴場へ改めて行ってから寝ました。どうでもいいことですが、この一日の終わりのタイミングで洗髪するので、どんなに遅くてもお風呂には出掛けるのでした。
歩行距離も12㎞、1万6千歩を超えていて、上った階数も13階となれば疲れますよね。お疲れ様でした。

  • ホーム
  • 旅行の記録
  • 国内旅行
  • 2019年 福岡篇:西鉄ホテルクルーム博多の朝食、カフェレジャン珈琲舎のだ、大東園、飾り山笠、吉祥果、蜂楽饅頭