2002/11/09

東京:六本木「CiaoBella」


念願のアロマ&イタリアンの会にようやくスケジュールがあい、初参加!

鈴木先生のアロマセラピー講座のテーマは 「ヘアケアの為のアロマセラピー」。
まずは本日のお料理に登場するハーブの効能などの解説を。
ここで、すり潰さないと”全部出てしまう”という衝撃の事実を知り、今度からゴマパンを焼くときにはすり潰してから混ぜることにしよう!と固く決心しました。

次に各精油のヘアへの効能を聞き、実際にシャンプーやリンス基材に精油を混ぜます。
私が選んだのは、髪のつや出しに良いとされるレシピ。
こんな風に基材にその時々の症状にあわせて精油を組み合わせるのってオリジナルで安心できるし、香りも楽しめますね。
丁度そろそろシャンプーとリンスを変えようかなあと思っていたからこの方法にとても惹かれてしまいました。
他の方の作ったものも、それぞれに違う香りで面白い。

それから、島田シェフのハーブイタリアン料理のデモンストレーション。
私たちはカウンターにかぶりつきで、シェフの解説に聞き入り、視線は手元に釘付けでした。
最初は、上の写真、秋刀魚となすの温製サラダ。
秋刀魚を焼いた香りが食欲をそそります。

パスタはアンチョビと松の実、ブロッコリーのスパゲティ。

アンチョビをみじん切りにするときには、包丁の背で潰してから刻むとよいってのはメモ!

どちらも盛り付けのシーンを見れたのがとても勉強になります。

この後はテーブルで会食です。
お料理のほかにエルダーフラワーのソーダ割をオーダーしました。
どれも美味しかった!

お料理の後にはお楽しみのドルチェ。
ガトーショコラとゴマのジェラート。

レシピは秘密らしいのですが、ゴマのジェラートが絶品!

最後にハーブティを、数年ぶりに取れたという菩提樹の蜂蜜とともに頂いて締めくくり。

何かと有意義な午後でした。