2014/01/03

ピーナツみそ餅


夫が千葉に行ってきたお土産に落花生とピーナツみそを買ってきてくれました。
八街産の落花生は有名で美味しくてすぐ食べてしまったのですが、ピーナツみそとは初めましての食品。
裏の表示に「惣菜」とあったので、てっきりご飯のおかずかと思い、和朝食の際に開けてみた処、どうもご飯の相手とは違うような感じがしました。

甘さがそうさせるのかなと思い、リーンな食パンに乗せてみたら、こちらの方がだいぶしっくりきました。


しかしこの朝食を摂りながら夫がふと云った言葉「お餅に合うんじゃない?」。
それだ!
12月の末に開封したのですが、一旦もう手をつけるのは止め、満を持してお正月に登場ですよ。

ピーナツみそは固まるので袋から出すのが大変なので、ビジュアル的にどうしようもない感じになってしまいましたが冒頭の写真がそれです。

熱々のお餅でくるむとすぐに柔らかくなり、馴染みます。
肝心のお味は、どんぴしゃ。
みたらしの餡のような風合いの味噌部分もマッチしますし、ピーナツのカリッとした食感が柔らかい伸びのある餅に対してアクセントになります。

これは素晴らしい。

ピーナツみそに親しんでいるフォロワーさんからもやってみたいとリプライをいただき、是非にとおすすめしておきました。
ピーナツみそか味噌ピーナッツか、表記は色々あると思いますが、最初に出会った袋の表記に従うことにしました。
その後、ひょんなことから千葉へ行くことがあり、おみやげ屋さんにはピーナツみそがズラリと並んでいて、有名なんだなあと認識を新たに。
今のがなくなっても、JR秋葉原駅近くの高架下にある全国の物産が買えるお店でも売られていた筈ですのでまた買いに行こうと思います。

何にも付けなくてもこれだけでも食べられます。
でもお餅との相性は抜群。
まだまだ私の知らない食べ物が世の中にはたくさんあるのだなあと思い知った年末年始でした。