2011/09/19

東京:十条「ユマ・ミーナ」


二色カレー、たっぷり野菜と、シーフードカレーレッドで、980円。

もうこの野菜の豊富な感じ、札幌のスープカレーに通じるものがあります。
こんな風にカレーを作れたらいいなあ。
でもこんなにたくさんの野菜を用意するのはなかなか難しいから、
野菜たっぷりのカレーを食べたくなったらここに来るほうがいいだろうなあ。
素揚げするという手間も私には出来ないなあ。

こちらは夫の、二色カレー、本日のカレー:一口カツと青野菜のカレーと
レッドカレーチキン850円。

カツも小気味よくカラリと揚がっているし、夫も大満足の由。

それにしてもたいそう満腹になりました。
何故なら…つい1時間前に朝食を食べたばかりだったから。

事の発端は、
「渋い喫茶店があるらしいからモーニング食べに行こう」と起き抜けに夫が提案した処から。
なんだかんだでたどり着き、中世のヨーロッパ好きと思わせるそのインテリアに
ワクワクしながらオーダーするも…。

手前は私のホットサンド。
ソースが完全に偏っていて、手前の2切れは全く味がない。
ホットコーヒーを頼んだのに、アイスが来て、
しかもそれは出来合いの甘い奴…。
来た時点で違いますって云い掛けたんだけど、腰が曲がって
よろよろとサーブするマスターに気の毒になった夫が制して出来ず。
ここで私はオーダーはオーダーなので通すべきだったなと反省しました。
渋い喫茶店は大抵トイレも古いながらも掃除がよくされているのですが、
こちらはなんともかび臭い感じで、ちょっと辛いものがありました。

全く食べた気がしなくて、どうしようかと呆然としていた処へ、
冒頭のカレーに出会い、気持ちも晴れ晴れとして界隈を後にすることが出来ました。

まあ食べすぎには違いありませんが、食べずにいられなかった私たちなのでした…。