2011/08/01

KOKOのサンドイッチ


月初の一仕事の後は、サンドウィッチでランチと云うのが
墨田区での野菜果物講座の後の浅草散策と共に、最近の私の楽しみであります。

いつもは渋い喫茶店を探すのですが、
昨日は家に帰って作業をしたいというのと、ちょっとしんどかったので、
結局テイクアウトのサンドウィッチを買って帰りました。

東京駅丸の内側の、有楽町寄りの高架下にあるこちらのお店、
長い間営んでるんだろうなという渋さが看板にも醸し出されています。
お昼頃に以前通りかかった時に、近隣の働く人々が次々に買いに来ている様子を
思い出していってみることにしましたよ。

簡単なイートインコーナーもあり、お得なランチもありますが、
かにクリームコロッケと玉子サラダのロースハム巻き310円とフルーツ260円を購入。

手が込んでいるフィリングに感動です。
ここまでの仕事はしません…私。

たまごサラダをロースハムでくるんと巻くってすごいなあ。
キュウリは縦に置かれ、食感が強くなって面白いです。
かにクリームコロッケはとろりとしています。
衣にもソースが染み込ませてあります。

フルーツサンドは、東京に来て初めて出会ったサンドウィッチ。
福岡にもあったのかなあ?
あんまりサンドウィッチやさん自体も記憶に無いのだけど、と常々思ってるのだけど。
クリーム部分が少なく、フルーツがぎっしりなので、
クリームが苦手という人にもよいサンドウィッチでした。
パイン、黄桃、白桃、あとなんだっけ、色々入っていて、
でもバナナが入っていないのが私の好みでしたよ。

会社や自宅の近くに欲しいなと思うサンドウィッチ屋さんです。
藤沢にもあるんですね。

因みに添えたポテトチップスは、夫の福岡土産。

新しくなった博多駅に入った阪急デパ地下をウロウロしてみつけたそう。
フクハクという福岡の会社のポテトチップスで、厚切りでじゃが芋感を味わえます。
シンプルな塩味のものを買ってきてくれましたが、やみつきになります。
サンドウィッチのお供にもピッタリ。
噛み応えがあります。

まあなにはともあれ、 久しく帰っていない福岡にそろそろ帰りたいです。
本当は、嵐のコンサートで帰福するのが一番私にとってよかったのですが。
1月は帰るだけ帰って、メッセージ持って立っていようかしら、とすら思う今日この頃。
じわじわと往生際が悪くなってしまっております。