2010/03/31

モリノ ディ ビジェバノのパンでサンドウィッチ


ひょっこり入手できたモリノ ディ ビジェバののパン
サンドウィッチにして楽しみましたよ。

ライ麦パンは酸味が強く、粉もしっかりと感じられて個性がありました。
薄くバターを塗り、サラダ菜、電子レンジでチンしたじゃがいも、
ペパーソルトの目玉焼き、チーズをはさんで、両手に持ってがぶり!
強さを感じるサンドウィッチになりました。
カフェオレ、文旦、にんじんのラペを添えています。

オリーブのパンは、チーズ、サラダ菜、挽き肉を甘辛くソテーしたもの、
にんじんのラペをサンド。

オリーブのしょっぱさがとてもいいアクセントになって、これもいい!
炒り卵とマッシュポテト、カラスミパウダーで和えたサラダと
いちご+ミネオラオレンジ+ヨーグルトのフレッシュジュースを添えて。

サンドウィッチは具材をあれこれとはさんで自由に楽しめるので、大好き。
パンそのものから選択肢が広いし、たとえ毎食毎日サンドウィッチを食べ続けても
私はちっとも飽きることがないでしょう。
ほかほかご飯も好きだから、実行しないだけのこと。

ああ・・・おいしいものが世の中にはありすぎて困るわあ。