2010/02/01

東京:大久保「松屋」


いやもう、全然最近のじゃなくて、写真のデータによると、2008年の10月でした。
昔(2005年)このお店に連れて行って貰って以来、また食べたいなあと思っていても
なかなか行かないエリアだと、そりゃもう久しぶりも久しぶりになる訳です。

韓国料理の中でも、じゃがいもと豚の背骨のお鍋は、特に好きな部類。
家では材料を揃えるのが難しそうで、お店に行って食べたいお料理です。

夫と二人だったため、小さいお鍋にした記憶があります。
汗をかきかき、背骨に付いているお肉を発掘して食べてると、
なんだか楽しいし、ワイルドな気持ちになって、闘争心が沸いてきそう。

折角だからチャプチェやカクテキ、チヂミも頼んだ記憶があります。
当然かなりお腹一杯になってきたのは自覚していましたが、
しめのおじやは頼みたいので、何としても食べましたよ。

元々歩くのは好きな二人でしたが、当時はまだ今ほど歩く習慣はなく、
満腹のお腹を抱えながらも一旦電車に乗って、
若干は歩いて帰ったかもしれません。
しかしながら、今だったらきっと、コリアンタウンから歩いて帰るかもしれません。


東京も夜になって、雪が降ってきました。
さっき、今シーズン初めて雪に触ってみましたよ。
色々な地方で色々な雪との関わり方があるかと思いますが、
滅多に雪を見ないので、少々はしゃいでしまってます。
明日の出勤も大変だわ、なんて少しワクワクしてしまってます。