2008/07/25

うな丼弁当とカヴァタッピナポリタン弁当


お弁当、今月から復活しています。
夫のと、私も出掛ける日には私の分と。
1つも2つもあまり手間に差はないのですが、
3つ4つ作ってらっしゃる方は、大変なのではないかしらと想像します。

しかも、このページの2点ともかなり手抜きです。

うな丼弁当は、蒸し焼きにしたうなぎにタレを絡め、
ごはんにその余ったタレをかけ、錦糸卵とミョウガの千切りを乗せ、
そこへうなぎを敷き詰め、枝豆をあしらい、山椒を振っただけです。
九州産のうなぎと表示されていたのですが、何県なんだろう。

夫は早弁してしまったそうです。
なんせ今朝、タレをかけたご飯を冷ますフェーズを見て、
「シンパシーを感じる」と意味不明の言葉を口走っていましたし、
かなり理性を失わせたようです。
どこら辺に共通点があったんでしょうか・・・。

こちらは、ショートパスタである処のカヴァタッピを使ったナポリタン。
カヴァタッピを購入した経緯は、ごまマヨ風味のコーンカヴァタッピにて。

カヴァタッピをいたく夫が気に入っており、ならばと
とうもろこしとにんじんとツナと玉ねぎを炒め、
茹でたこのパスタと和えて塩胡椒とケチャップ風味にし、
最後にドライバジルを降って出来上がり。

手軽なのにこれも、気に入って貰えたようです。
ちゅるるんとねじれた形が、面白いです。