2010/05/01

東京:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

室内

ゴールデンウィークは近場のホテルで一泊することが結局自分達に合ってるようだということが判ってきたので、今回はこちらのホテルにて宿泊しました。
プランは夫がネットで見つけてきたもので、一人13,500円。
しかもクラブフロアなのです。
勿論そのクラブフロアに伴なう特典もそのお手頃価格で享受できるという、なんとも太っ腹なプランなのでした。
品川駅すぐの便利なロケーション。
ビルの25階まで上がるととロビー階、振り返るとメインダイニングのTHE DINING ROOM、見上げると気持ちよく32階までの贅沢な大吹き抜け空間が広がっています。
パブリックな施設は全てロビー階に集約されていて、プライベートな空間はカードキーを使って25階以上専用のエレベーターエリアに入ってから上がっていきます。
徹底的に外部と遮断している潔さと、安心感があります。
流石ミシュランガイド東京のホテル部門で、最上級の快適さを表す4パビリオンを3年連続獲得しているだけのことはあります。

部屋はコーナーツイン。
玄関入って、突き当りのクローゼットを右に曲がると、こんな風な廊下に繋がります。
右手のドアはバスルーム。
左手少しだけ見える足は、コンソール。
その奥、フロアランプが見える処まで行くと・・・。
ソファやテーブルのスペースになっていました。
このソファに寝転んで外を見ると、空に浮かんでるみたいな気持ちになれます。
角度違いで。
テーブルには、クラブフロアのサービスの一つであるウェルカムフルーツ、お水、おやつが用意されていました。
おやつはお煎餅、近くの和菓子屋さんのものでした。
お水やウェルカムフルーツのオレンジは、もう他の特典でお腹一杯だった為、お土産にしました。
ソファに向かって左側・・・少し戻るとライティングテーブル。
ぱかっとテーブルの一部を持ち上げると、鏡になっています。
その左の方にずっと戻ってくると、TVを挟んでミニバー。
ここにも特典の山があります。
まずは赤ワインフルボトルが1室に1本サービスです。
こちらもやはり飲むに至らず、ありがたくお土産にしました。

この下にあるミニバー、おつまみに至るまで全て無料なんです。
驚きの特典です。
そんなに飲めないよ~なんて思いながらもその心意気が嬉しい。
なんでも専用のクラブラウンジがない分、そのようなスタイルをとっているのだとか。
ラウンジもいいですが、ないからこそこのようなサービスも気軽でいいな。

夫は先にチェックインしていたのですが、既に缶ビールでほろ酔いご機嫌でした。
ミニバーを振り返ると、バスルーム。
いたってシンプルです。
アメニティ類もシンプル。
入浴剤があるのが嬉しかったです。
写真を撮るため、歯ブラシなどは外箱を外していたのですが、クラブフロアのターンダウンサービス時にはまた元の通りにきちんとレイアウトされていました。

使用したタオルも全て新しいものに取り替えられていました。
このようにベッドメイクも就寝スタイルに。
この細長いクッションがとても使いやすかったです。
ベッドヘッドに寄りかかるのにちょうどいい。
ターンダウンサービス時にやってきた、テディベア。
くたっとしたボディの触り心地がよいのです。
勿論、連れて帰りましたよ。

更にメッセージカードには明日の天気、それからDEAN & DELUCAのチョコレートが2枚。
ミルクとビターだったかな。

もう本当に細々と心配りがあり、居心地の良さたるや。

夕食「THE DINING ROOM」(ホテル内)

ええと、夕食といってしまうと語弊があるのですが、食前食後をこちらのダイニングルームで過ごしました。
17~19時はイブニングカクテル&スナックをサービスする時間なので、食事前に軽く飲むことができます。
シャンパンなど頼み、スナック類もあれこれとお願いしました。
ミックスベリーは最後のデザートに。(あくまでカクテルタイムのデザートなので、本気のデザートはまた後ほど)
ピンチョス。
私はキッシュの方を。
夫は何だっけ?すり身のようなもの・・あやふやですみません。
オリーブは二人には多すぎるくらい。
ドライフルーツがとても美味しかったです。
アプリコットが特に・・・。
販売してたら購入したいくらいです。

久しぶりにシャンパンを飲んで、大変酔いが回りましたが、すぐにソフトドリンクに切り替えてカクテルタイムが終わる頃には正気になり、一旦ホテルを出て軽くタイ料理の夕食を取りに行きました。
品川駅周辺には気軽な食事を取る処もたくさんあり、便利なことこの上ないです。
デザートタイムはまたホテルに戻り、ダイニングルームにて。
私は紅茶を・・・あれ、アッサムを頼んだと思うのですが、宿泊後一ヶ月くらい経ってしまったので記憶があやふやです・・。
しっかりとポットサービス、ミルクも温めずに添えてくれたのでにっこりです。
夫はアイスラテ・・だったかな。

頼んだおやつは、ミルクピッチャーの奥に見えるオレンジ色のフルーツコンポート。
杏の美味しさがそのままふくよかにシロップ漬けになっていてこれまた美味。

マフィンはこんなに大きなものがやってくるとは思わず、しかもとても美味しかったです。
チョコレートもオレンジピールのものなど2種類あって、頼んでおきながらですが、「こんなにいいんですか」と思わず恐縮してしまうほどのサービスぶり。
幸せな気持ちにさせてくれるデザートでした。


食べてばかりも何なので、お腹が落ち着いてからフィットネスルームへ出掛けました。
シューズもウェアも無料で借りられるのがこれまた嬉しい。会社帰りにも手ぶらで泊まりにこれますね。
他にお客さんもいなくて、悠々と使わせて貰いました。
床から天井まで大きなガラスがはめられているので、眼下には品川駅などを眺めつつ、ランニングを楽しめます。
都会だなあ。
更衣室にはミストサウナがあり、しっかりと汗を流すことができました。
欲を云えば、フィットネスルームはプライベート空間に置いて欲しいなあ。ロビー階にあるので、パブリックスペースに配置されているから。
サウナの後、再び服を着て、靴を履いて・・・というのがツライです。
24時間利用可能のビジネスセンターでネットをちらちらと見て、部屋へ戻りました。

朝食「THE DINING ROOM」(ホテル内)

朝食ビュッフェもしくはインルームダイニングが付いています。
ここに来る前は、部屋でゆっくりもたまにはいいかなと思ったのですが、この吹き抜けの大空間を見たら、やっぱりここで食べなくちゃという気持ちになりました。
ジュース類のことは、Juice + Lifeに譲るとして・・・この時の印象は、トマトフェアなのかなというくらい、トマトが美味しかったです。
痛恨のミスは、オムレツを綺麗な姿で撮っていなかったこと。好きな具材を小さなココットに入れてシェフに渡して目の前で作ってくれるオムレツ・・・!食べかけのものを慌てて撮りましたがいかんせん美しくないのです。
選んだのは、フォアグラ、トリュフ、レッドキャビア、チーズ、玉ねぎ。あれこれと入れてしまいました。
ジャムにもトマトが!
こちらはチェリートマトです。
パンのショコラや、左側のほうれん草のプチパンもおいしかったです。
特にほうれん草のほう。これ買えたら買いたいと思いました。
作れるなら作りたいものだけど。
トーストには、チェリートマトのジャムと、トスカーナ(だっけ・・)の蜂蜜。
左側は黒胡椒入りのチーズに、蜂蜜をかけて・・・これが絶品でした。
パン類もよく食べてしまったので、ラインナップ豊富なシリアルには残念ながら手が出ず。
夫もこのホテルをとても気に入ったので、また泊まる時にはシリアルにしてみよう、と今から楽しみにしています。
フルーツもてんこ盛り。
ミックスベリーが嬉しい。これでジュースにしたいなあ・・とついつい思ってしまいます。


チェックアウト前のひと時のイレブンジズも、ダイニングルームで。
アイスカフェオレと、クッキーとチョコレート。
このクッキーもまた美味しくて、ミルクティーのお供にしてもよく合いそうでした。

第二のわが家というコンセプトのストリングスホテル。
これだけ堪能させてくれるホテルが、品川駅港南口にそっと私達を待っていてくれるかと思うと、また帰らなくちゃね。

今回は利用しなかった アロマトリートメントでは、クラブフロアの特典としてフェイシャルパックなどスペシャルケアが付いてるみたいなので、これも是非利用してみたいものです。