2010/05/05

東京:梶原 都電もなか本舗 明美の柏餅など


荒川遊園地駅前のTRAMでのパスタランチの後は、梶原商店街にある
こちらの和菓子屋さんで、柏餅を購入。

私は京みそ。
あん類は、普段は断然粒あんが好きなのですが、
味噌あんがあるとひとまずそちらを選びたくなってしまいます。
このしょっぱさがいいのです。

夫はこし餡。
なめらかで上品な甘さの餡でした。

初めて知ったのは、田舎ちまき。
一般的なちまきは、円錐状に細長い形なのですが、
中華料理のちまきのような三角形になっているものでした。

たずねてみたら、円錐状のはういろうが入っていて、
田舎ちまきはもち米で特に味は付いていないのだそう。
私があまりういろうが得意じゃないので、田舎ちまきにしてみました。

1把650円、5個組みになっています。

ちょっとバナナハンガーに吊るしてみました。

笹の葉をはがしていくと、香りがふわっと漂います。
葉っぱで包むお菓子の魅力です。

付属の黒蜜ときな粉をかけて食べると・・美味しいなあ。
もち米もきな粉も黒蜜も全て好きなので、合わせて魅力が増幅するのも納得です。
この季節にしか売られてないのでしょうか。
気軽に食べたいな、と思うのは私だけではないはず。

5月5日らしい和菓子で、季節の節目を味わうことができました。