2007/05/28

兵庫:明石「茶菓席おはいり」


日曜の明石散策、炎天下に疲れたため、新幹線に乗る前に冷たいものでも、と
地元のお菓子屋さん人丸の甘味処に入ることに。
魚の棚商店街の東側の入り口がが本店なのかな。
しかし私たちは、新幹線に近い処がいいので、明石ステーションプラザ店で。

メニューは、ほぼ二人とも決まっていました。
私のは「あまえんぼう」という、「アイスの下にはお楽しみがいっぱい」という謎の説明と、
カフェオレかミルクティをたっぷりと飲めそうな、背の高いカップに入った様子に
すっかり興味津々でした。
でも一応、「お楽しみって何ですか?」と確認した処、
「プリンとか果物とか色々入ってます」とのことだったので、迷いなく決断。

上品な軽い味わいのフィンガービスケットが刺さったバニラソフトクリームは、
ミルクの味が濃厚で、「いきなりいいんじゃない!?」とテンションがあがります。
すぐ下には、プリンが顔を出し、続いて缶詰のフルーツや、フレッシュのバナナやキウイが。
さらに底には、カステラが敷いてありました。
600円でとても楽しいパフェでしたよ。

配偶者は、ミルク金時580円。

アイスと金時部分と白玉の一部は、私のパフェ「あまえんぼう」に移されたので
私もソフトクリームやらプリンやらフルーツやらをぽいぽいと氷ミルクに乗せ、
その氷ミルクもざくっと掬って、スプーンを自分の口元に戻します。

もしかして、私のパフェを彼のカキ氷の上に乗せたら、
鹿児島の夏の味覚「白熊」になるよね~。と、気づいてより楽しくなりました。

おやつも人丸で購入。
帰りの新幹線でもこのパフェで話題もちきりで
「パフェを考案してもなかなか『あまえんぼう』って名前は、思いつかないよねえ」
と配偶者もしみじみ感嘆していました。
私もすっかりこの甘味処で甘えさせて貰いました。