2008/04/14

菜の花とアオリイカのペペロンチーノ


先日の昼食には、叔母から送って貰った叔父の釣果のミズイカと、
義祖母の作った菜の花とでペペロンチーノにしました。

刺身にしてもよいクォリティなので、贅沢だなあと思いつつ
唐辛子とにんにく風味でも間違いない訳ですが。

サラダには、同じく義祖母の作ったカリフラワーも添えて、
色んな人たちの思いと時間と手間ひまがかかってるなあと
しみじみありがたさを感じます。

どんな食材であれ、必ず誰かの思いや時間や手間がかかってます。
人だけでなくて、命も頂いているという現実もあります。
それらへの感謝の気持ちは、食にまつわる色んなキーワードの根底に
必要なものだな、との思いを近頃ますます強くしています。

パンに関して云えば、割とお手軽に焼けるスタイルではありますが、
クロワッサンを習った時には、職人さんの苦労を最も想像してみて、
「これからはパクパク食べるんじゃなくて、感謝して味わって食べよう!」
と思ったものでした。

いい季節になってきたから、なけなしの食塩不使用バターを使い果たして
クロワッサンを焼かなくちゃね。