2006/10/12

ABC セサミ・キッチン


昨日はABCクッキングスタジオのイベントに参加した後に、この黒ごまの食パンのクラスを受けました。
おびただしい量の黒ごまの混ぜ方を習うパンです。
一口一口、噛み締めるたびに、ぷちぷちぷちとごまが弾ける食感が楽しく、
また栄養の面から云ってもしっかりと咀嚼して頂きたいものです。
ふたをしない形が好きなので、多分今度焼くときにはこんもり山型の筈。

今日の朝ごはんには、枝豆入りポテトサラダをはさみました。
枝豆は少し硬めに塩茹でするのが我が家の好み。
柔らかいパンと云っても顎は使って食べる大事さは変わりません。

添えたミョウガは、2日ほど前に漬けた、甘酢漬け。
ピクルスをちょいちょい漬けてたら「これも漬けてほしい」とミョウガが安かったらしく
日曜に仕事帰りに配偶者がハーゲンダッツのアイスと一緒に袋に下げて帰宅したのでした。
独特の辛さが和らぎ、疲れが取り払われるような甘酸っぱさがいいんじゃないかしら。

ちなみにパンの焼きあがりはこんな感じ。

ふたをして焼く食パンって初めてだったから、焼きあがるまでがつまんなかったです。
何度もオーブンを覗き込んで、その過程をワクワクしながら楽しみたいじゃない?
焼き上がりは、パンよりもやはり胡麻の香りが際立って食欲をそそりました。