2005/11/05

東京:巣鴨「三浦屋」


本日午後、巣鴨散策開始。
お昼ごはんはまったく決めずに成り行きで通りかかった、
アド街ック天国でも紹介されていたすっぽん料理三浦屋に即決。
私はお昼限定の三浦丼。
どのネタも新鮮で美味しかったのですが、
特筆すべきは「天使の海老」で、
ねっとりして弾力のある甘く美味しいものでした。
子持ち昆布も立派で、これで945円だなんて有難い話です。
お味噌汁はアサリがたっぷり入った別注文150円です。

配偶者は、すっぽん雑炊唐揚げ付で、やはり945円。
癖のない優しい味で、身体が芯から温まるようでした。
おかみさんは巣鴨の土地柄かとても屈託なく気さくに話かけてくれます。
この前はTV朝日の人が取材に来て、
女性だったがこの三浦丼も唐揚げ付すっぽん雑炊も全て平らげたとか。
私も平らげられそうな気がする。

こうして写真を撮ってたらおかみさん
「最近、みんな写真撮るのよ~」と笑ってました。
考えたらこのサイトを始めた頃は、特にお茶するときには
写真を外でも撮っていましたが、かなり珍しいことでした。

ここ数年でインターネットが急速に普及し、
パソコンもネットワークの環境も充実して安価になり、
たくさんの人が自分の居場所をネット上に持っています。
さまざまなジャンルでのグルメ評論サイトも
個人で極めてらっしゃる方が多くとてもためになります。

今や、ウェブログを持つ人をブロガーと呼ぶらしいですが
私はちょっとこっぱずかしくてそう呼ばれたくないなあ、ははは。
ええ、ひねくれ者でございますよ。

私のポリシーは、雰囲気のある特にディナーなどでは写真を撮らないことと、
如何なる場合にもフラッシュを焚かないこと。
自分も長年やっておきながらなんですが、
ありとあらゆる人が、食事前に写真を一様に撮るって光景は
ちょっと不思議なものがあるのかもしれませんねえ。
いやはやすみません。