2016/05/06

東京:森下「小野珈琲」


両国の江戸東京博物館で開催中の真田丸展を見てきました。
行くにはもう今日しかないという日程で、朝一番に出掛けたら、とてもゆっくりと鑑賞できました。

歴史に疎く、興味を持ったドラマを入口に少しずつ史実を紐解いていくという今更ながらの楽しみを味わっています。
毎週の真田丸も食い入るように見ております。
三谷幸喜さんの脚本も、登場人物一人一人が活き活きとしていて、肩入れしたり、同情したり、憎らしそうな人もどこか魅力的な部分があったりして無駄なシーンが一つもありません。

きりちゃんの評判が何だか世間ではよくない話も聞きますが、むしろ私は梅ちゃんよりきりちゃんの方が好みといえば好みでした。
大坂編に入ると、こちらの方が合っているのではと思われる雰囲気になっていてほっとしています。
きりちゃんがしょっちゅう何かを食べているのも好きな理由なのかも。美味しそう。

特別展以外にも企画展の『近代百貨店の誕生 三越呉服店』も見ようと、久しぶりに常設展にも足を運びました。
常設展は最近リニューアルしたばかりで、東京の歴史や暮らしが時代ごとによりわかるようになっています。
パンコーディネーター講座の歴史の時間でも必ず触れるあんぱんも展示されていましたよ。

じっくり見ていたら、お昼を若干回ってしまいました。
大満足で、両国を後にしました。

ランチは思案した結果、行ったことのない森下方面へ歩いていき、こちらのお店に入りました。
ホットケーキが有名ですが、とりあえずお腹空いたのでランチから、ソルトチキンランチ840円にしました。

もうね、結構歩き疲れていたのもあり、この塩気がとてもおいしい。
一切れ食べつつ、もしかしたらホットケーキも1枚いけるかもと決断し、1枚270円をお願いしました。

サンドウィッチをじっくり堪能して一呼吸、良いタイミングでホットケーキが運ばれてきました。

分厚い…!
銅板で焼いているそうで、分厚いのに軽い焼き上がり。
食べ過ぎかなあと心配になりつつも、問題なくすっとお腹に収まりました。
美味しかったなあ。

ゆっくりとランチタイムを過ごし、森下に来たもう一つの目的カトレアのカレーパンと勇んでまいりましたが、あえなくタイミングは外れていて買えず。
雨も降りだし、風も強めでしたが、カロリーをたくさん取ってしまったこともありその後も多少歩いて、この日は9㎞歩いてなんとか帳尻合わせをしてみました。

ゴールデンウィーク中、私オリジナルのイベントといえばこれだけだったかなあ。
でも内容の濃い一日でした。