2014/04/29

東京:御徒町「オレンチ」


いきなりですが、これがお通しなのです。
注文を済ませ、飲み物が来て、ややあってチーズのディップが運ばれ「お通し出ますね」と云われたその直後にやってきたのがこのお野菜の鉢!

どの野菜も新鮮でみずみずしくて美味しい。
チーズディップも美味しいし、まず最初にがつんと感動して既に虜になりました。
このディップは揚げたてポテトチップスにも合いそうと思ってちょっととっておきましたよ。

お皿いっぱいの生ハムもオーダしていたので、このお通しにあったメロンと組み合わせて勝手に生ハムメロンができてしまいました。

夫はワインとかスパークリングとか頼んでいましたが、その都度並々と注いでくれるので、それも嬉しいパフォーマンスですよね。
ヤサイ、ワインフレンチのキャッチフレーズは伊達じゃありません。
私にとっては辛口ジンジャーエールがあるのがありがたかったです。

鳥取産山菜のチーズフリットもおつまみ力が高いです。


パクチーのサラダとかカニとアボカドのサラダとか色々頼みつつ、やがて揚げたてポテトチップスが運ばれてきました。

写真はすでに食べる段になっていますが、プレゼンテーションが驚きでした。
これはみなさんが頼んでのお楽しみということで。
熱々で硬いポテトチップスは、芋であることを意識させてくれます。
先ほど取っておいたチーズのディップを付けても思ったとおりに美味しい。

炭水化物はピッツアにも惹かれましたが、今回は大人のナポリタンを。

山椒が隠し味で大人風味です。

最後はプリン。

当たり付きなのですが、ふたりとも外れでした。
しかしプリンそのものは大当たり!
カスタードプリンは昔ながらの硬いのが大好きなのですが、理想の硬さでした。
テイクアウトも出来るそうで、思わず食べる分以外にも買って帰ろうかと思いましたよ。

店主の独特の衣装もまたお店の雰囲気を作っています。
今度はどのお料理を頼もうか、ワクワクするお店でした。