2013/03/10

ミックス野菜の巣篭り卵


桜のクリームチーズパンのアレンジ版を焼いてみました。
見た目は判りづらいかもしれませんが、これからレッスンの方はお楽しみに。
右側は、ロワンモンターニュの白ゴマとレーズンのローフです。
(正式名称が違うかも、スミマセン)
生地には砂糖を使わず、レーズンの甘みだけだそう。
そして何よりもこの角度だとあまり見えないのですが、クラストの外側にぎっしりと隙なくくっついた白ゴマの香ばしさにうっとりとします。
噛むとプチプチと弾ける食感がクセになります。
トーストしてそのままおかずと一緒に食べましたが、勿論バターを塗っても美味しいと思います。

おかずは、ミックス野菜の巣篭り卵。
にんじん、きゃべつ、ブロッコリーの茎部分、豆もやしと野菜室にあった野菜をあれこれと使ってみました。
色々な野菜を一度にとれるので味や食感の違いも楽しめるかと思います。

ジュースはいちご+伊予柑+牛乳のフレッシュジュース
彩りも春らしく、気持ち良い朝食の時間でした。

さて土曜日は、cuocaショップ自由が丘のキッチンスタジオでのパンレッスンの講師をして参りました。
レポートはBread+Lifeのページにてご覧ください。
パン生地も気持ちよく膨らんでいたようで、とても素晴らしい焼き上がりで嬉しかったです。
しかもこの日はお天気もよく、明るいキッチンだなあと実感もできて気持ち良かったです。
初めてお邪魔したのが、夜でレセプション、打ち合わせ時には雨でしたので、日中の心地よさと云ったらそれはもう。

しかもこのスタジオは、パンのレッスンをするのが私が初めてだったそうで、よいスタートだったらよいなと思っています。

はあ…それにしてもあちこちに書いていますが、今年の花粉も著しく目に来てしまい、ただでさえ腫れぼったい目が5倍くらいに腫れ上がってしまっています。
クオカさんでもあまり言い訳できず、メガネをかけてカモフラージュした次第。
全然できていないかもだけど、しかもあまりどうでもよいことなのですが。
でもでも自分の中でのテンションが違うので、日曜日は何をさておき、眼科にいくことにしました。

点眼薬2種類を点眼し始めたら、少し引いてきたような。
流石処方箋薬ですね。
もっと早く行けばよかったです。

というのは、月曜はとある雑誌で、パンのレビューをするために撮影も伴う仕事があるから…。
もういい加減、対策をとらないと後悔すると思って、行ってまいりました。

市販の目薬をしていたのですが、お医者さんに「そりゃあ、効かんでしょう」と同情的な目で見られました。
ハイ、全く効きませんでした…。

ついでに点鼻薬と飲み薬を貰って一安心。

午後は近所の昭和がそのまま残った感じの中華料理屋さんへお昼を食べに出ました。
お天気だねえ、しっかりマスクして…なんて入って、食べて外に出たら、世界が一変!

空は曇り、視界がみるみる悪くなり、なんだか急に世紀末がやってきたようなおどろおどろしい雰囲気に。

ほどなくこれは煙霧だとTwitterで知りましたが、この北風で25度まであった夏日の東京は一気に冷え込んでしまいました。
季節の変わり目はしっかりした体調管理を求められますが、これだけ激しいと、本当に気をつけないとガタガタっと崩してしまいそうですね。
旬のものをたくさん食べて、免疫力をアップして、病気になりにくい身体にしていきたいと、改めて思いました。