2009/10/24

東京:神保町「レストラン七條」


昨日、フライドチキンで胃がもたれたなんて云ってしまいましたが、
迎え酒ならぬ迎え揚げ物のように、「なんだかお昼にフライを食べたい」
と思ってしまいました。
夫もすぐにその気になり、こちらに伺うことに決まり、いざ出掛けました。
ランチにはすぐにダッシュして行かないとならないくらいの人気の洋食屋さんだと
以前この辺りでしばらく仕事をしていた夫の言葉に、一瞬ひるみつつ・・・。

行ってみると10人以上並んでいましたが、オペレーションが素晴らしく、
てきぱきと列が進み、ものの15分程度で席に落ち着くことができました。
二人ともミックスフライ定食タルタルソース添え1350円。
どうやらホタテがカキになっていたらしく、エビフライとカキフライを食べたかった私たちには
願ったり叶ったり。
しかもこのエビフライがあまりにも芸術的に立体的にそそり立っていたので、
「おおーっ」と歓声を上げてしまいました。
ささっと撮ったので、尻尾は写真からはみ出してしまってます。
衣はしっかりでしたが、身はぷりぷりで食べ甲斐があります。
カニクリームコロッケもおいしかったし、もう幸せです。
勿論、タルタルソースも手作りのおいしさを存分に味わえるため、
微塵も残さずに頂きましたよ。
キャベツの千切りも、貝割れとか人参とかレタスとか玉ねぎとか
野菜が複数含まれているのが嬉しいです。
スープとパンもしくはライスがつき、既にパンは売り切れていました。
私は何となく洋食にはお皿に平べったくよそったライスが雰囲気が出て好きなのですが、
どうやらパンは自家製でおいしそうな気配。

そうそう、夫はエビス樽生550円。
お酒を飲む人のみオーダー可能な生牡蠣のフランボワーズビネガー風味600円。

飲まない私も御相伴に与り、ミックスフライの前に、ワクワク感を高めてくれたひと品でした。

ディナーもよさそうだなあ、いつか行けるかなあ。
改めて神保町、いいなあと思いました。
この後は、ミックスフライの幸せに包まれつつ、
夫がお薦めの渋カフェにデザートへ連れて行ってくれましたよ。