2005/01/04

東京:渋谷「カフェ・アプレミディ」 


昨日は、「新春!爆笑スーパーLIVE'2005」を観に
渋谷公会堂を目指して行きました。
その前にこちらのカフェでランチとお茶をすることに。

ギリギリで座れたのは良いけど、まあ私が
シーフードとグリーンアスパラのクリーミードリアを頼んだため
出てくるまでに非常に時間がかかってしまい・・・。

でも待った甲斐あってとっても美味しかったです。
カフェ飯には珍しく、ボリュームのある一品、
私は猫舌ではないのでこのとろとろにチーズがとろけるドリアを
凄い勢いで平らげて、顔がまっかっかになってしまいました。

お茶はウッディピースと云うハーブティ。

ミントの利いた、爽やかなお茶です。
そして冒頭のデザートは、ディブロマットキャラメル。
パイ生地のような物が敷いてあり、キャラメル風味の固めのプリンです。
こちらも食べ甲斐があって大正解です。
奥のは、ホワイトチョコのムース、印象としては生クリーム?

さて、軽いライブレポ。
渋谷公会堂の8列目でしっかり肉眼で楽しめる位置でした。
MCはスピードワゴン

トップバッターはタイムマシーン3号
右側の太った割には動きの機敏な彼に以前から注目していましたが
昨夜も素晴らしい動きをしていました。

次は、今大注目のアンガールズ
TVで見ててもひょろひょろしているのだけど、
実際に見てもその細さ、長さたるや想像以上でした。
すごい、出オチ状態で、人気なんだなあと改めて思いましたよ。
ショートコントの他、空手ネタがみれて大満足。
客いじりもするんだーと、ちょっと意外に思いました。
バーゲンに行くと人込みに疲れて何にも買えなくなる、
山根くんの気持ちがよく判るよ。

後は順番が既に判らなくなってきたんだけど・・。
ヒロシ
殆ど知ってるネタだったけど、ライブだとそれなりに感激するとです。
「僕のサドルがありません」を出来れば云って欲しかった。
私の最高に好きな奴。深いよね。
九州の人なので思い入れはやや強いです。

エレキコミック
相変わらずテンションの高さにご立派というしか。
それほど好みではなくて失礼。
面白かったけどね。

ふじいあきら
もう少し狭いキャパの方があうんじゃないかしら。

パペットマペット
牛くんもカエルくんも近くで見れて感激。
リクエストに答えるというのも乙な企画でした。

スピードワゴン
あまーい。小沢さんは本当に甘い人だ。
潤さんの「あたし認めない」がネタ中に出てこなかったのが淋しかったけど
甘さをしっかり堪能できたので、スピードワゴンも堪能しましたよ。
安定しているなあ。

アンジャッシュ
渡部の母よし子さんと児島が結婚するコント。
児島は噛んでしまったけど、それも良い味出してて盛り上がりました。
彼は本当に格闘技初めてシャープになりましたねえ。

ドランクドラゴン
鈴木拓くんのお父さんぶり、塚地くんのおじさんぷりもほほえましく、
車内放送コントも楽しませて貰いました。
もっと塚地くんの変なキャラクタのコントも見たかったかも。
ショートコントもやるんだねえ。
恐竜時代、結構はまったんですが。

大体笑いっぱなしで幸せな2005年の幕開けでした。
一組一組の時間がゆったりと取られてて、
TVでは短い時間にカットされたモノを見せられてたのでライブで見るのはよいです。
帰宅後、大晦日の日テレの番組を録画した奴を見たので
印象がやや混じりがちで・・。
例の番組は、ネタ中にテロップ出すのがどーにもこうにも。
あれをこちら側でオフに出来ないものかと思います。
例えばアンジャッシュのあの微妙な食い違いは
テロップで説明するもんじゃないでしょうにね。とほほ。

芸人さんたちは看板番組を持つのが夢なのかもしれませんが、
私はいつも芸人さんたちのネタを見ていたいなあと切に願います。