2015/06/16

東京:人形町「小春軒」


人形町の味をできるだけ楽しもうというコンセプトで夏までは過ごす所存のため、かなりランチは外食が多くなりました。先月のある日は、明治45年創業の小春軒へお邪魔しました。
しばしばメディアにも登場するので、すっかり気分としては食べていたくらいの認識でしたが、初めてでした。

こちらはオリジナルのカツ丼が有名なのですが、如何せんエビフライがあるお店のため、揚げ物は全部避けなければならず、そうなるとフライパン系のものといえばハンバーグになります。
というわけでハンバーグ950円をオーダー。

大きなハンバーグに目玉焼きがどんと乗って、デミグラスソースがかかっています。
このハンバーグが驚くほど柔らかいのです。
凄いなあ、私が作るとどうしても硬くなってしまうのですが、こんなにふんわりとできません。
デミグラスソースもライスに合います。

同僚のメンチカツも美味しそうでしたよ。
女将さんの気配りも下町ならではの暖かさがありました。

メニューをじっくり見ていると、例の小春軒特性カツ丼はしじみ汁付とありました。
どちらにせよ貝類もダメなので、もうこのメニューはオーダーできないことを思い知りました。

しつこくて申し訳ないのですが、今何ともないと思っていても、後の人生で食べられなくなる事態が発生する確率はゼロではないので、食べられるうちに食べたいものを食べることを強くおすすめする次第です。

実は、薄々兆しはありつつも気のせいと蓋をしていたメロンについてですが、等々喉に症状が出ることを今月確認してしまいました。
以後、メロンも控える人生となってしまいましたよ、とほほ。
となると、スイカも?と気になる処ですが、現在は大丈夫なので、ひとまず自分の身体と相談しながら食べてます。

別日ですが、毎年楽しみにしているスイカのショートケーキ、今年は早々と食べておきましたよ。