2011/09/01

東京:有楽町「椿屋珈琲店 有楽町茶寮」


月初に、渋い喫茶店でサンドイッチのランチを食べるここんとこの習慣です。
今回はホットサンドがずっと気になっていたこちらのお店へ。
ランチですと、1,200円でサラダと飲み物が付きます。
飲み物は椿屋ブレンドにしました。
珈琲店では珈琲を頼みます。

サンドウィッチのランチもありますが、何となくひと手間かけられたホットにしました。
一見上品なポーションにも見えますが、サンドウィッチ用の薄さのパンが
3枚重ねになっていて、トマト、卵サラダ、ハム、チキン、レタスがサンドされています。
そのボリュームは見ただけでは判らないかもしれません。

小気味よくトーストされたパンと、ソフトな口当たりのたっぷりフィリング、
端休めのオリーブとピクルスが良いバランスでした。

パクパク食べて、コーヒーをゆっくりと飲みながら気付いたのは、
ちょうど垣間見えたホットサンドメーカー。
このホットサンドを作るグリルですが、
そういえばパンの耳がぐるりとついたままでした。
食べている時には一瞬パンの耳は全部ついているかのようですが、
この4切れを組み合わせてみると、一部しか残っていないことに気付きます。

私はパンの耳が大好きなので、全方位つけたままでも全然構いません。
というより是非つけたままでお願いしたい。
もし次に食べる機会があったら、耳は落とさないでってお願いできるものなのでしょうか。

プラス200円でデザートシフォンも頼めるようで、
この日は紅茶のシフォンケーキでした。
しかし意外にもおなかが一杯になり、断念。
こちらもいつか機会があれば、デザートまで行きたいなあ。

伺った時はカウンター席に通されましたが、
奥の方はどんな感じなんだろうなあ。
禁煙喫煙と分離されているようでしたので、安心できそうな感じです。

月が替わり、10月のパン教室も募集開始いたしました。
左のバナーから最新情報をご覧頂き、
もしご興味があるようでしたらお気軽にお申し込みくださいませ。