2011/07/01

東京:東銀座「アメリカン」


毎月一日は、銀座界隈で珈琲とサンドウィッチを食べるのが何となく自分の恒例行事。
今日は朝からやや体力も使ったし、がっつりサンドウィッチでも良いんじゃないか、と思い
兼ねてから気になっていたこちらのアメリカンへ行ってみることにしました。

ランチのサンドイッチセットは1,000円でスープとサラダがつきます。
卵やツナ、ハムなど10種類くらいの中から選ぶことが出来ます。
チキン(りんご入り)かスモークサーモンにも惹かれたのですが、
ハンバーグが人気らしいのも何となく聞いていたので、ハンバーグに。

店名はアメリカンだけど、BGMはハワイアンだなーなんて思いながら待っていると、
運ばれてきたこのプレートに引っくり返りそうになりました。
ボリュームあるとは覚悟していましたが、ここまでとは。

濃厚なコーンポタージュはカップに並々と注がれ、自分ちみたいだなと思ったり。
サンドイッチは、一回かじっただけでではパンとハンバーグのハーモニーには到達しません。
サラダは、レタスを食べたいなと思うのですが、
エベレストのようにうずたかく積まれたタマゴサラダを制覇しないとありつけません。

食パンは小型のパンですが、その分厚さたるや。
キメ細やかでフィリングをがっちりと包み込んでいます。
タマゴサラダもまろやかでコクがあり、おいしい。
レタスに近づいてきたら、思わぬ伏兵:マカロニが潜んでいましたよ。
ちょっと優先順位を下げて、サッパリとしたドレッシングがかかったレタスへ突入。
レタスも嬉しいことに細かくカットしてぎっしりと詰まっています。

それにしても段々お腹が一杯になってきました。
でも残すのは勿体無い…でもでも限界はある…。
てな訳で、マカロニを泣く泣く残すことに…すみません。

他の人へ運ばれるサラダを見たら、卵サラダではなくてポテトサラダが乗っている場合も。
これこそシェフの気まぐれサラダ的な感じかな。

たっぷりのアイスカフェオレを飲みながら、食休みがてらゆっくりしていたら、
予約席のテーブルに常連と思われるおじさま3人組が
馴染んだ様子でやってきました。
そしておもむろにお店の奥さんが、パン一本と耳がぎっしり詰まった袋を渡していました。
わ~何だか羨ましい、私も買いたい、なんて思ってしまいました。
どこのパンなんだろうなあ。

久しぶりに満腹度合いがラインを超えてしまったので、
暑い中ではありましたが、かなりウロウロと歩いてから、帰りました。
サンドウィッチは、誰かと来て違うものを頼んでシェアすると良さそうだなあ。
ええ、またいつか行ってみる気で一杯です。

追記:
食べ切れなかったらお持ち帰りできることを、TVで特集されているのを見て知りました。
でもやっぱり誰かとシェアするとよさそうだなあ。