2010/08/18

東京:目白「ル・ジャルダン」


会社で配布されるフリーペーパーに掲載されていた、
フォーシーズンズホテルのル・ジャルダンのサンセットハイティー4,800円(サービス料別)。
このフリーペーパーを見たといって予約するとおまけ付きなので、
会社の女性を誘って行ってきました。

テラスに面したテーブルに通されて、まずはグラスシャンパンが運ばれてきます。
100%シャルドネの、ナントカって云われたけど全然覚えられない…。
覚えてるのは、夏らしい爽やかな味わいで、これをグラスで出すのは珍しいということ。
本当に口当たりもよく、美味しかったです。
ゆっくりゆっくりと楽しみました。

やがて、スタンドにセットされたハイティーが。
最初のお皿には、
・ガスパチョにミント風味のパパイヤを巻いたパルマプロシュット
・スモークチーズとパルミジャーノレッジャーノ(と思う)
・サラミ2種
・特選牛フィレ肉と夏野菜のロール
・フェンネルとライムの香るブランダード
どれもこれも質がよくて、お喋りも弾みます。

二つ目のお皿は…

・グリル茄子とリコッタチーズのピンチョス
・ウナギと夏野菜のキッシュ
・白身魚のエスカベーシュ
・野菜のチップ

バラエティに富んだ食材と味が楽しいです。

3つ目のお皿は、サンドウィッチと自家製ピクルス。

サンドウィッチは、左側がチャパティを使ってたっけ?

いよいよお楽しみのデザートは、10種類くらいの中から選びます。
私はクラシックチョコレートケーキ、バニラアイス添え。

すっかり薄暗いラウンジにろうそくの灯りなので、真っ黒になってしまいましたが、
つやつやにチョコレートのコーティングも美しければ、
むっちりと濃いケーキ部分も食べ応えがあり、少しほろ苦くとても美味しかったです。

飲み物は私は紅茶の中でもアッサム。

今回初めて、ミルクを常温にするか温めるかと聞かれました。
温めないとサービス不足と感じてしまうお客さんもいるのでしょうか…。

友人は、ダージリンをアイスで頼んでいました。
オンザロック方式で、流石だなあと見惚れてしまいました。

それにしても18 時から22時半まで、たっぷりと寛いでしまいました。
居心地がよいものですから・・・。

一応全体図を撮ってみたものの、ぶれぶれ・・・。


お土産にはスコーン2種類を頂きました。
これはすぐに冷凍して、後日ゆっくり楽しみたいと思います。
嬉しいな。

何度来ても、こちらのラウンジは素晴らしいなあ。
心身ともにリラックスして寛げる大切な場所です。
次のスコーンは、イチジクだとか。
今年一杯のスコーンの予定も決まっているそうで、教えていただきました。
これからも、季節のスコーンを味わいに行かなくちゃ。

追記;遅くなりましたが、お土産スコーンでのティータイムをアップしました