2010/01/29

おでんカレーのもちドリア


リメイクメニューとして作ったおでんカレー
カレーそばにもしたりしましたが、ある朝、ベッドの中で
「パンのストックが切れてるし、おそばも食べてしまったし、ご飯も炊いてない・・・」
とむにゃむにゃ朝食のシミュレーションをしていて。
「そうだ、おばあちゃんのお餅がまだあった!」と思い出して、
カレーに冷凍していたお餅を二つ乗せ、チーズをかけて、オーブンでこんがりと焼きました。
オーブンには、手作りグラタン用のボタンがあるので、何も考えずスイッチオン。

この組み合わせは間違いようがない、相性のよさがあります。
夫も、はふはふと食べて「間違いないね」と云ってました。

月曜は久しぶりに六本木でランチして、「また変わったなあ」と
ついついキョロキョロしてしまいました。

後はなんだかんだで過ぎて行きました。
金曜になっていたので、吃驚しています。

土曜のエンタが終わって、代わりに始まる嵐の新番組の概要が発表されましたね。
宿題くんのグダグダ感が失われるであろう危惧が多く寄せられたためか、
「キラキラの嵐やグダグダの嵐が」みたいなキーワードが盛り込まれていて、
何とか要望に応えようとしているんだろうなーと云うのが文言に垣間見えました。
事前に打ち合わせなしというのも、時間がかからず、
きっと低予算で作れるのかもしれません。
面白くて、楽しい時間が過ごせるといいなあ。

先日頑張って、現在発行されている半分くらいのGANTZを一気に読みました。
凄惨なシーンは相変わらず多いのですが、
なるべく台詞部分だけに視線を集中して、さささっとページを流しながら読むと
何とか進むことができるようになりました。

その上で、何がなんだか判らないなりにも、世界に引き込まれていきましたし、
改めて玄野計は、ニノがやるってのがとても楽しみで仕方ありません。
ニノが適役のようにも思えてきました。
GANTZスーツ姿も早く見たいなあ。

3月3日の新曲も水曜に予約開始、というのを帰宅して知り、
慌ててネットで予約しました。
アマゾンでは数時間で予約終了という凄まじい人気に驚かされます。

東京では木更津キャッツアイ を再放送しているので、録画して毎晩楽しんでます。
そう、翔くんがバンビたるところをやっと観ることができています。
可愛いねえ、金髪がとんがってて、まだ子供だねえ。

クドカンのは本当に観ていなくて、一昨年の流星の絆 で初めて触れました。
独特のテンポや描き方にどうしても馴染めなくて、
しかしながら第3話を観た時にすとんとはまってしまって、
ニノの作品の中でもとても好きなものになりました。

木更津キャッツアイも、みんなどうにもこうにも早口だし、
騒ぎすぎだし、馴染めないなーとは思いつつも、
あの確固たる世界に「ふふふっ、憎めない奴らめ」という感情が芽生えてます。
美礼先生とぶっさんの関係が妙に好きなんです。
岡田准一くんも、モー子もいいですねえ。
誰も彼も絶妙な役どころなんですね。

特上カバチ!!を観ていても思うのですが、やはり翔くんは人生の機微をあぶりだすというよりは
どちらかというと佐藤隆太の継承者のような。
テンション高くてまっすぐ!みたいなノリが似合っている気がします。

そんなこんなで私自身がウダウダしてしまってます。

運動しなすぎ、おやつたべすぎ、嵐のことばかり考えすぎ。
0点だな、こりゃ。