2018/05/27

FOUNDRY(ファウンドリー)のさくらんぼのケーキ


5月下旬に夫が買ってきてくれたおやつ。
どうもFOUNDRYの前を彼は素通りができないみたいです。

奥は佐藤錦のヴェリーヌ、手前はダークチェリーのタルトケーキというように、さくらんぼシリーズの頃。
旬は偽れないので、写真の日付に忠実に5月27日付けとしてアップします。
とにかく平日が忙しく、何もしていない状況が続いていました。でも痩せることもなく、しっかり食べているからむしろ小太り継続だったり。

この時期の思ったこととしては、やっぱり西城秀樹さんが亡くなったのが大きかったなあ。
特別ファンということはなかったのですが、子供の頃にかじりついてみていた音楽番組には必ず出ていましたので、いつもパワフルに歌っている姿が当然の存在でした。

ライブ時の野口五郎さんとの抱擁は思わず涙がこぼれました。長い年付きを共有してきた朋友にしか醸し出せないものがあります。

はっきりした時期を覚えていないのですが、最初に倒れて復活後のとある暑い日だったと思いますが、静かなショッピングエリアを通りかかった時に偶然お見掛けしたことがありました。大体もじもじする方なので通り過ぎるところでしたが、すぐそばにいた女性3人組が静かに握手を求めて行ったので、ちょっと乗っかってしまえとここで図々しさを発揮してしまいまして、私も握手をしていただいたことがありました。
小さいときに見ていた人とそっと握手できるなんて、「東京…!」と実感したものでした。

小さい頃のテレビに出ている人は、テレビに出ている姿だけが割と全てだったので、今ほどは色んな情報が伝わることもなかったな。
だから今頃、ペンライトや球場の野外ライブやら白煙の演出などの先駆けだったと知って感心しています。ペンライトは嵐のコンサートではなくてはならないし。

平成が終わる前に、昭和の一つ一つが消えていくなあとちょっとしみじみ。