2017/12/24

FOUNDRY(ファウンドリー)のクリスマスケーキ


今年はクリスマス的には何にもしていなくて、それどころか『DESTINY 鎌倉ものがたり』の大ヒット御礼舞台挨拶に当選したので、夕方いそいそと有楽町へ出掛けて行きました。

映画はまた観たいと思っていたのですが、舞台挨拶がイブに開催されるとあってすぐに堺雅人さん付きでその願いが叶うなんてなんとありがたいことかと。
席は端っこで、想像以上にスクリーンが歪んで見えてしまい、2度目だからまあいいかと思って映画を鑑賞しました。
思う処はたくさんあるのですが、黄泉の国にタンコロでがたんごとんと旅立つならいいなあ。銀河鉄道999に憧れて育ったので、最期が列車なのはグッときます。

エンドロールがなぜかやっぱりダメ押しで涙がこみ上げてきます。なんだろう。あの数々の骨とう品はこれまでの運命を物語っているからかな。上映が終わると自然と拍手が起きていました。

で、舞台挨拶で堺雅人さんと監督と高畑充希ちゃんが登場です。わわわ。間近だ…!
堺さんが「こんなに温かい拍手があるんだなととろけるような気持になりました」というコメントもまた温かくてとろけます。

スペシャルゲスト?として魔物たちが着ぐるみにサンタクロースコスプレで登場した時には、歩きづらそうで登壇するのも一苦労で、でもそれも含めて可愛かったです。キノコの人は私はエリンギ人だと思っていたらきのこ人だったのですね。でもエキストラの高校生たちに「エリンギエリンギ」と言われていたらしくて、どうみてもエリンギにしか見えない…。

魔物の本田さんが思ったより小さいのですね。
ロビーに本田さんの首から上が飾られていました。

私は本田さん派で一番かわいいと思うのですが、毛人さんが結構人気のようでした。

監督によるとエンドロールは大変だったらしく、やらない選択肢もあったそうですが、評判もよかったのでやっぱりやってよかったとのことでした。絶対やっていただいて大正解だと思います。

魔物たちからお三方へのイニシャル入りマフラーがプレゼントされ、写真撮影の準備のため一旦はけることになりました。その時私たちの周りで一斉に手を振った処、堺さんも笑顔で手を振ってくださり「ひゃあ…こんな至近距離!」と即座に黄泉の国へ旅立ってしまう処でした。
別の場所では「ファンサ」と端的に言いましたが、なんとなくしっくりこないですね。ジャニーズ用語はジャニーズの方に使ってこそ馴染むなあと後々反省してみたり。

再登場後は客席を背にキャストの方々が並び、舞台にカメラマンさんがたちが上がってというポジションで撮影をして終わり。
そしてイブということもあり思わぬプレゼント、つまり非売品のパンフレットを出口で魔物さんたちに手渡しでいただけるということで何処までもほっこりとさせてくれる演出だなあと嬉しくなりました。

イブに麗しい堺雅人さんのお姿をこの目で拝見できただけでなく、サプライズまで用意されているとは。
ロビーに出ると、上記の本田さんや、一色先生と亜紀子の衣装、天頭鬼の首から上の展示もありました。


そんなわけで何にもしないで自宅に帰り、夫が用意してくれた夕食の後は、これまた私がぼーっとしている間に並んで買ってきてくれた‎FOUNDRY(ファウンドリー)のクリスマスケーキを楽しみます。
色々見るけどいつもやっぱりFOUNDRYのを買いたくなるという夫に感謝しかありません。ありがたい。