2019/07/08

東京:神保町「ガーブ ピンティーノ」


ニノの誕生日の翌日6月18日にランチ会があった時に、密かに誕生日の意味も込めてオーダーしたハンバーグ。
ふっくらジューシーで美味しくいただきました。
サラダ。

パンは2種あり、リベイクして出していただけるので、ご飯も選べますけどいつも私はパンを選びます。


さて、嵐に関する活動といいますと、コンサートも早々と今シーズンは初夏の札幌に行ってしまったのでもう私は休止なのかなあと思いきや。
ここ数年日程が合わず申し込んでいなかったワクワク学校、1度は申し込んでみたものの落選でした。しかし制作開放席での当選となり、6月30日(日)の夜の部へ行ってまいりました。
制作開放席は、照明さんでちょうどビーチバレーボールだけが手前なのに見えないというだけで、ここに座らせていただきありがとうございます…と言う遜色ない場所でした。

肉眼で見えるしばらく最後の時間だ…と思うと、楽しみながらもしかと心に刻んできました。今年で最後の発表があった時にも、そうだろうなあと納得でもありました。

また、ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会』は早々と7月に申し込み、無事当選したのでそっと行ってまいりました。

来年にかけて東京以外の各地も開催していくので、メモ程度にしますが、最初の映像はとにかくニノファンは入ってすぐあたりの左側を向いておくとよい、ということです。
色々と貴重な展示があり、胸がいっぱいになって会場からお土産売り場に進みました。私はコラボグッズの中から今回初めて知ったクリエーターさんの作品がとても気に入り、珍しくTシャツも買いました。これは切るべきなのだろうか、保存しておくべきなのだろうか。でもしばらくしたきっと着るだろうな。

そんなわけで怒涛の夏の大型音楽番組ラッシュも終わり、編集もやっと完了しました。新しい機種では未だにBlu-ray Discに焼くことをしていないので操作方法を確認しないとねえ。