2019/02/24

東京:品川「SLOPE SIDE DINER ZAKURO」


グランドプリンスホテル新高輪のビュッフェが気になると夫が言っていたので、彼の誕生日ランチとして行ってみました。
ドリンクが1杯ついていたのでそれで乾杯。夫は最近会得した技の、サラダの段階でローストビーフを乗せて、サラダ仕立てにするというのを。
私は普通にサラダやコールドミートなどを。

野菜の色合いが美しくて、ここですでにワクワクしました。引き続き前菜。
エビのお料理を避けてるとちょっと寂しい形になりましたが、豚のリエットやカリフラワーのポタージュとかタコのマリネとか安納芋のスープ(グラスの方)とかそれぞれに美味しく、さらにワクワクしておりました。
ボルシチやビーフシチューとか、そういう汁物のエリアも充実。

ムール貝の何かやエビのグリルなども温かいお料理のところにはあり、そちらは夫が楽しんでいました。
さらに温かいお料理のあれこれ。なんだかとりとめのない取り合わせで、相変わらず自分のセンスのなさを痛感。

コンキリエのポルチーニ茸ソースのがダントツに美味しかったです。天ぷらというかフリッターも軽くてサクサクしてるのもよかったなあ。
私はお楽しみにとっておいたローストビーフをここでいただきます。

先行して食べていた夫から、緑色のマスタードがよく合うとのことで真似してみたらさっぱりと食べられる爽やかさを得られました。素晴らしい。
鍋物もあきらめ、そろそろもうデザートに向かわねばと思っていましたが、カレーだけは食べておきたいなとも思い、夫からエビのカレー以外はお裾分けしてもらうことに。

そして食事もこれでも若干抑えめにしたのは、デザートがとても充実していそうな感じだったから。

まだまだ一部なのですが、これ以上は無理でした…どれもちゃんと美味しいので充実感に包まれます。
驚いたのは、「お誕生日だとお伺いしまして」とバースデープレートが用意されたこと。

デザートビュッフェにはないフォンダンショコラに夫も大喜びです。よかったねえ。
最後は、普通にジェラート屋さんのようなディスプレイで迷いに迷って、選んだこの4種。

マンゴーと抹茶、キウイとレモン。時間がこんなに足りないかも…という状況に陥るのが珍しいくらいにあっという間のランチタイムでした。もう少し余裕があったら、もう2種類ほどジェラートいけたかな。
ここ最近は、苦しくならない程度の量にセーブできるようになり、清々しい充実感でお店を後にしました。

とはいえ、お天気も良く、食べた分のカロリーは多少でも消費すべく、お散歩をすることにしました。
三田用水跡を経由して、国立科学博物館の付属自然教育園をぶらぶらするべく行ってみると、ちょうど天皇陛下御在位30年を記念する一環として、国立文化施設が今日に限って無料観覧できるということになっていたようです。ありがたい。おめでたい。
この時期なのであまり花が咲くということでもなかったのですが、そんな中見つけたセツブンソウ。

池の表面が完全に鏡のようになっていたのが綺麗でした。
あと、教育棟でカワセミの一生を記録したものをじっくりと眺めていたのですが、とても興味深かったです。綺麗な鳥だなあ。

お隣の東京都庭園美術館の庭園も同様に無料になっていましたので、主に梅見散歩となりました。

椿も。

この日は約10㎞、14000歩程度でした。まずまずかな。