2018/05/04

東京:中野「ツイテル(Tsui‐teru!)」


肉食復活した4年ほど前に夫が見つけてきてくれたこちらのドライエイジングビーフのお店、また行きたいと思いつつ中々チャンスがありませんでした。夫はたまに行っていたようですが。で、久々に中野のこちらで晩御飯。嬉しいことに連休中は全面的に禁煙なのだそう。
まずはレバームース。

カリカリのフランスパンにつけても美味しいのですが、お通しの柔らかいパンに付けてみても、同等のふわふわで優しい食感に包まれます。
シャルキュトリーも文句なしで、食欲が増進されます。

夫はギネスを飲んでいて、私はエルダーフラワーのソーダ割。これがある事にも大変好感を持っております。しかし夫は、レモンサワーと称したスパークリングワインをカチカチに冷凍したレモンで冷やしながら飲むというメニューに気づき、その美味しさに思わず何杯も中身のお代わりをしていました。爽やかそう…。

奥に見えるのは、コールスローサラダですがパルミジャーノチーズが大胆にトッピングされていて、ツマミ力が高かったです。
トリッパは見事なトリッパでした。

これもパンに付けても最高です。

メインは冒頭の熟成肉のステーキ。
熊本のあか牛を食べたいなあと潜在的に思っていたら、短期発酵熟成としてブリスケ載っていましたのですかさずそれをオーダー。夫は牛タンを。
どちらもそれぞれに美味しくかみしめました。

最後はラグーフェットチーネ。キノコもふんだんに使われていました。


前回デザートも美味しかったのですが、折角中野まで久しぶりに来たので、デザートは別のお店にしてみる?という何の調べもせずに無計画に出てしまったら、今一つ定まらず結局帰宅してしまいました。勿体無い。デザートまで食べておいた方がよかったなあ。この次は必ず。