2018/03/20

黒ゴマパンのサンドウィッチ


これまた2月最初の頃の朝ごはん。ホームベーカリーを使用する機会があり、久々にゴマ食パンを焼いてみたのでそのパンでチーズとベーコンを挟んだサンドウィッチ。
お化けのような苺はあまおう。ものすごい迫力です。

次々に1月期のドラマが終わっていきました。どれも納得のいく、そして次のシーズンをついつい期待してしまう終わり方でした。

アンナチュラルは毎回胸に迫るものがありました。そしてどのキャラクタも好きだなあと。法医学を取り巻く現状も知ることができ、環境が整うといいなあと思いました。あと個人的にとても思い入れのあるテーマがあったことも惹きつけられた理由でもあります。

野木亜紀子さんの脚本、好きなのだなとも気づきました。『逃げるは恥だが役に立つ』も好きでしたし、夫がなんとなく見ていた『掟上今日子の備忘録』も横目で見ていただけですがちゃんと見ればよかったかもと後から思いましたし。松潤の『ラッキーセブン』は野木さんのだったというのも今更知りました。

『もみ消して冬』は考えていた以上に最後は厳しい展開になり、驚きました。秀作だけが割を食っている気もしますが、なんせ山田涼介くんの美しいお顔と変顔がコミカルで楽しい3か月でした。

繰り返しになりますが、4月からは『ブラックペアン』『孤独のグルメ』を楽しみに過ごすことになりそうです。