2018/03/10

東京:飯田橋「ホテルメトロポリタン エドモント ベルテンポ」


去年行ってみてなかなか良かったので、今年も行ってきました。まあお互いの誕生日的な感じで。
私の食べられない食材が入っているものを一通りスタッフの方に伺ってから、いざ前菜から。聞いたのにホタテのマリネ的なものをうっかりお皿に入れてしまうミスもやってしまいましたが、全体的にお野菜たっぷりで、これだけでビュッフェの罪悪感をいったん払拭して楽しみます。

温かいものの部。

ローストビーフがあるとやっぱり気分が盛り上がります。ほうれん草のドリアがなんだかうれしかったです。ドリアって世間だとエビが入りがちな印象があります。

今回はパンはパスして、ジャンバラヤにトマトカレーをかけるアレンジで。

ここでも野菜をトッピングして、食物繊維の摂取に努めます。

しそ入りの一口稲荷が気になって、小皿に一つだけ乗せるつもりが、その周りにあっただし巻卵とかナムルとかも気になって結局てんこ盛りになってしまい、またもや盛り付けの下手さを反省します。


どれもほぼ一口ずつしかいただいていないのに、なぜすぐにお腹いっぱいになるの…。

それでもだいぶ意識して胃袋の余力を残して、デザートタイム。

ここのレストランのビュッフェが好きな大きなの理由の一つは、デザートがビュッフェ用のデザートではない感じで、しかもプリンがしっかり固めであること。
その美味しいプリンも横目に、ある程度一通り欲しくなってしまう…次に来たら、プリンメインでお皿を構成しよう、そうしよう。

当然この日も晩御飯が不要になりました。