2018/02/12

埼玉:川越「浪漫茶房 右門」


思い立って、行ってみたいのに中々行っていなかった川越へ行ってきました。

着いたのがお昼時でしたので、まずはこちらで芋おこわと鰻の、町家の膳1,100円。煮物とけんちん汁と香の物が程よくセットになっていて、ちょうどよい感じです。
川越初心者ならば芋と鰻という考えで選んだお店でしたが、場所は便利で分かりやすいし、ロケでたくさんの番組で芸能人が訪れているようで、色紙がずらりと壁に掲げられていました。
お料理もすぐ出てきますし、お客さんの回転がよいので使い勝手がよいかも。

川越城の方にも歩いていきましたが、中に入っていると時間が足りないので今回は予習ということで。


そこから時の鐘の方へ回り。


菓子屋横丁をぐるっと回り、喜多院の方まで足を延ばし、そろそろ疲れたので、おやつにしました。

よくテレビでは見る色々が自分の足で歩くことで、私の頭の中の地図に落とし込むことができ、町の様子が分かったのが嬉しかったです。