2017/11/23

東京:日本橋「まんてん鮨」


夫が会社の人たちと行ってきてコストパフォーマンスがとても良い美味しいお寿司屋さんだったとのことで、誘ってくれました。
夜のおまかせコース6,000円。お寿司屋さんには、貝類甲殻類がダメなのでなんとなく気後れしてしまっていたのですが、こちらは最初に苦手なものを聞いてくれるシステムなのでなんだか安心できました。カウンターにぎゅっと詰めて座るカジュアルさもなんだか肩ひじ張らなくていい感じ。

最初にシジミ汁の汁だけが出るのですが、私は飲めないので夫だけ。
その後は、工夫を凝らしたつまみ(と言っていいのか)が織り交ぜられながら様々な握りが供されます。

例えばこんな、白子入りの茶碗蒸し。とろけます。

冒頭のいくらはスプーンで食べるくらいにいくらがどっさり。

マグロは2種食べ比べのパターンもあり。

別途大トロもありました。

ウニは、手のひらに乗せられるという演出も楽しい。


デフォルトではこんなにシジミがぎっしり入ったシジミ汁。

私は別途かつおだしを引いたお味噌汁を出していただき、これまた香りも味も良し。

最後のぶどうまで含めて30点弱ほどのめくるめくお寿司とお料理の芸術品を堪能した気分です。
エノキの昆布締めの握りも珍しくて美味しかったです。

お腹いっぱいだしある程度歩こうかとも思いましたが、この夜はかなり冷えたので、おとなしく最寄り駅まで歩いて電車に乗りました。
また違う季節に行ってみたいな。