2014/08/28

東京:麻布十番「あげもち屋」


店先で色んなおかきが並んでいるのが圧巻で楽しくて。
悩んだ挙句、ペペロンチーノあげ餅と、彩りベジタブルあげを選んでみました。

野菜のは野菜の味が残りつつ、軽やかな食感がよかったです。
そのまま食べてしまいましたが、もしかしてシンプルなポテトサラダのトッピングにしてみてもいいのかなあと思いました。
ペペロンチーノの方はピリッとした中にもにんにくとバジルが感じられて、おかきといえども洋風にも楽しめて美味しかったです。

たくさん種類があるので、色々買ってみたいな。


先日、終戦記念日に硫黄島からの手紙 がTVで放映されました。
DVDは持っているのですが、この日にテレビでやるというのに大きな意味があります。

ハードなシーンは正直直視できないのですが、地上波で普通に流せる感じになっていたので大部分は画面を見ることができました。
Twitterでは様々なこぼれ話も流れてきて、感心したり。

実はバロン西の最期、目を覆ったものを外したシーンを見れていなかったのです。
当日も申し訳なかったのですが、見れなくて。
するとどうやらカラーコンタクトをしていたそうで、それは演じている伊原剛志さんのアイディアだったとか。
それもクリント・イーストウッド監督はよっしゃとすぐさま作らせて準備したそうな。

今度見るときはちゃんと観よう。

戦争関連番組の視聴率がおしなべて思わしくなかったというニュースを見ました。
リアルタイムで見ていないかもしれないけど、悲しい気持ちになりました。
愉快な話題ではないですが、決して風化させてはいけない、語り継いで二度とこのようなことをしてはならないということを後々にも知っておいて貰いたいものです。