2014/01/13

東京:秋葉原「フルーフ・デゥ・セゾン」


秋葉原にフルーツパーラーがあるとは何となく認識していたものの、お茶をするタイミングが中々ありませんでした。
先月のことですが、タイミングとしてはランチをする感じではありましたが、食事メニューもあるようでしたので行ってみることにしました。

一足先に行ったことある、しかも一人でフルーツパフェなどを食べてきたことのある夫によるかなり混むらしいのですが、お昼時なのですんなり席につくことが出来ました。

私はブランチセット800円。

焼き立てパンが2種類、ローストビーフ、サラダ、紅茶、ヨーグルト、カットフルーツというまさに理想的な内容です。
ローストビーフは卵&ソーセージにもできます。
土日限定なので、今度はそっちにしてみてもいいかな。
ローストビーフも美味しかったしそちらも美味しいと想像しています。
紅茶はポットサービス。
コーヒーだとお代わりが出来るみたいです。

夫はツナと見ると頼んでしまうので、クロワッサンサンドのAセット800円。

ブランチセットよりもフルーツがいっそう充実しています。
私はバナナがそんなに必須フルーツではないため、夫のフルーツで私には無かったものと交換してもらったり。

どのフルーツもコンディションが良かったのですが、ことさらみかんが甘く感じました。

そしてお待ちかねのパフェは、12月から1月の洋ナシのパフェにしました。
ル・レクチェをふんだんに使った盛り付けに、心を奪われましたよ。

普通サイズのパフェを2人でシェアしつつ。
中にはバニラアイス、洋ナシのアイス、ヨーグルトのアイスと3種類もぎっしり入っていて、大変嬉しいタイプ。

季節が変わる度ににも行きたいし、変わらなくても行きたい。


ところで本日はショコ潤の主題歌が披露されましたね。
HEY3が久しぶりに復活し、トークもとても楽しかったです。
嵐さんの処しかあまり観ていないのですが、こんな風にゲストが来てトークして歌歌って、という形式が保てなくなったのは何故なんだろう、これだったら楽しいのにと思ってしまいました。
終わる頃は、歌のゲストではない人たちがたくさん出て、昔の映像を見たりしている時間が長くなり、興味が薄れてしまった記憶があります。

番組も何でそんな風になってしまうんだろうなと思うことも多々ありますが、色々と大人の事情でそうなってしまうのでしょうかね。

肝心の新曲、大野さんの振り付けがすこぶる素晴らしかったですね。
嵐さんの魅力を知ってる人の振り付けといった感じ。
でもPARADOXのような、嵐さんにとっての新しい切り口でのダンスも好きですし。

歌う時にニノの髪型が何やら古美門先生のようだなと思ってしまったのですが、踊っている間にばさばさになってきて調度良くなりました。
これも計算なのかしら!?
ラストのポーズも最高ですね。
これはMステでも観られるのかなあ。