2012/11/27

東京:神楽坂「紀の善」


KARIEさんと神楽坂フレンチを楽しんだ後は、私のリハビリ散歩にもお付き合いいただき、坂を上り赤城神社へ。
改装してる処までは知っていたような気がしますが、こんな風にモダンになっていたのですね。
拝啓、父上様の風景とかほんのり思いながら来たのでそのギャップたるや。
私自身は万歩計を持っていないので測れなかったのですが、坂道を上ったり下りたりと、恐らく距離だけでは測れないリハビリも追加していい感じに運動できたと思います。

運動後の休憩には、久しぶりの紀の善へ。
ランチであんなに豆類やジャガイモを食したというのに、冬の紀の善ではどうしても粟ぜんざいを食べたくなりました。
このサイトでもとっくに載せてるかと思ってダブったかなあと思っていたら、意外にも未掲載でした。

熱々のねっとりと炊き上げた粟は、さらっとした漉し餡との相性が素晴らしい。
粒あん派の私は、紀の善の漉し餡でその上品な美味しさに開眼しました。

こちらでもさらにKARIEさんと様々なお話に興じていたら、あっという間に夕方に。
すっかり楽しい午後を過ごすことができて楽しかったです。
ありがとうございました。

自宅療養中にこの作品含めてたくさん見よう!と意気込んでいたのに意外と観れなかったな…。