2009/12/21

ようかん巻き


ようかん巻きと和菓子屋さんの店先にあり、「これは一体なんだろう?」と
気になっていたら、やっぱり夫も気になったみたいで
つぶしあんのおはぎの他に「僕はこれにしよう」と決めていました。
私は同じくつぶしあんと、大好きな茶饅頭を手堅く買うことに。

さて、興味津々のようかん巻き。
清涼感すら感じられる白あんを、食紅で着色したと思われる帯状の羊羹で
くるりと包んでいて、可愛らしい形です。
一口食べさせてもらいましたが、確かにピンク色の部分は羊羹でした。

私の中のようかん巻きは、いわゆる羊羹にカステラ生地を薄く巻いたもの。
でもこの形のものを見たのが初めてで、世の中には同じ名前でも
形が違うものがあるもんだなあと思いました。

もしかしたら、まだまだ私が普通に思ってるものでも、
違う場所に行くと全然違うものになっているのがまだあるのかもしれません。

ひょっこりとまた、今日ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~ を観てしまいました。
概ね感想は前回見たときと同じでした。

今日見たタイミングは遅かったな、と後悔したことが一つ。
竹本くんたちの寮のロケ地は、同潤会三ノ輪アパートだったのですね!
そしてそのアパートは、本来2006年に取り壊される筈が延びていて、
けれども今年の9月には解体がとうとう始まっていたのだそうです。
わー。
夏にハチクロのことを思い出していれば、外観だけでも見に行けたのに。

古い建物の写真を撮るのはうまく出来ないから撮らないながらも、
眺めるのはとても好き。
夫と東京大散歩中にもよく「わあ、いいねえ、この古さ!」としばし見とれてしまう、
いい具合の錆びたりすすけたりしている建物にはよく巡り会います。

耐震の問題なども色々あるだろうから一概に「絶対残して欲しい」とは云えないけど
取り壊されるのは淋しいですねえ。

とりあえず、あの渋カフェには行っとこう、と思ってしまった、
いつものようにミーハーな私であります。