2009/01/12

東京:新宿「追分だんご本舗」


アフタースクール をまた観ました。(以前観たときの感想はこちらのページにて

2度目なので、木村目線で観ると・・・おおお。
そうかそうか。
くー。

・・・てことで、是非、ご自身の目で確かめて頂きたく、この辺で。

大泉洋と内田けんじ監督のコメンタリーモードがあり、
すぐに3回目も観てみたのですが、これがまた大泉洋氏が喋ること喋ること。
正直、監督の伝えたいことを、聞きたかったです。
堺雅人さんの珠玉のシーンがあったのになあ。

今日は新宿に出掛け、一休みは甘味処で。

私は追分だんごの二本盛り530円。

みたらしとこし餡。
お団子が柔らかく、みたらしの餡や、こし餡と滑らかにとけあって
一体感を味わえるのです。
柴漬けがさっぱり口直しできるし、いい一休みです。

夫は、甘味組み合わせ850円で、あんみつと草玉。
あれこれと食べたい向きにはうってつけです。
盛り合わせ的なものを頼んで、全部食べきれるかなと心配したら、
いつものように食べ切れなかったら私にお願いするつもりだったようで
それならば・・・と好きなものを選んでもらいました。

勿論?、食べ切れなかった分はしっかりわたくしめがその役目を。
あれこれと食べられて幸せでした。

表のレジでお支払いをし、ショーケースを二人であれこれ覗き込んで、
今度はどれを食べようかななんてお店を後にしました。
店頭では、お団子を一本ずつパックに収まって売られていて、
ベンチに腰掛けて楽しんでる姿もありました。

気候が良くなったら、一本その時の気分で串を選び、そんな風にベンチに腰掛け
お団子を頬張り、さっとまた新宿の雑踏の中へ入っていく・・・
そんな楽しみ方を想像してみました。