2008/03/08

東京:新宿「Donatello's」


夫のレーシック手術の一日検診で、また新宿へ。
彼の検診が終わる頃に待ち合わせて、手術良かったね記念の
晩ごはんを食べに行きました。

野菜たっぷりで、ここまで野菜尽くしで楽しめるとは、と云う晩御飯については
ページを改めることにして、食後、なんとなくケーキを求めてさまよい、
結局満腹であることに気が付き、新宿高島屋のドナテロウズで
ジェラートを食べることに落ち着きました。(390円)

私は、ラムレーズン、チョコクッキー、フランスのさくらんぼ(名前失念)、
どれも美味しいけど、チョコクッキーがベストでした。
彼は、いちごチョコチップ、ホワイトクリーム、パイナップル。
いちごチョコチップは、アポロチョコレートみたいな駄菓子感覚、
ホワイトクリームが濃厚で好きでした。

術後の経過は、すこぶる良好で、とてもほっとしています。
何度も「どう?」と聞くのですが、極めて調子がよいらしく、
それどころか乱視が矯正されてて、
「逆にこんなに綺麗に見えるのが、気持ち悪いくらい。
裸眼で見えるのが不思議」と云います。

翌日の検査では、左右それぞれ1.2出ていて、両目だと1.5。
へー、私より遥かに見えてるんだなあ。

手術の痛みは、噂どおり本当に3,4時間で消えて、快適らしいです。
また、ドライアイが起きやすいのではと云う心配は、
イントラレーシックという高い方の技術だったため、リスクは軽減されてるとのことで
「ハードコンタクトをしている方がよっぽどドライアイだった」そうです。
へーへー。
コンタクトでよく目が痛くなってたからなあ。
よかったなあ。

しかし、起きてすぐでも何もかもバッチリ見えるそうなので、
今更ながら寝起きの自分の顔が情けないことに問題がでてきそう。
朝はそそくさと眉を描かないと・・・!?

次は、一週間後検診。
手術の時に、彼に笑いの神が降りてきて、手術室が爆笑の渦だったらしいので、
今後にその辺りも期待したい処でもあります。