2007/09/22

兵庫:姫路「Bistrot ZEBRA」


モーニングを神戸空港の神戸洋食キッチンで摂り
リクエストにより、姫路駅ビルの地下で明石風たこ焼きをテイクアウトして、
前日に急遽入院した病院へ向かいました。

一週間前には一緒に出掛けて、自分で歩き、食べ、話をしたのに、
義父の状況は明らかに変わっていました。

殆ど食事は喉を通らないのに、大好きなたこ焼きは、義母の介助を断りつつ
ままならない手と口とを動かし、蛸も含めて3つも食べました。
また、ちゃきちゃきな母の、りんごジュースを飲ませるスピードが速い、と、
いつものような困った笑顔を私たちに見せて、笑わせてくれました。

切ない気持ちになりつつも、息子である私の夫の方がもっと複雑な想いを
持っているし、なんだか力になりきれて居なくて、難しいなあと考えてしまいます。

「お昼食べておいで」とのことで、一旦外に出ましたが、
朝ごはんがしっかりしていたため、カフェにしようと云うことになり、
市民会館前商店街にあったこちらのお店に入ってみました。

アフリカンとフレンチのお店で、ランチもどれも美味しそう・・・!
でもやっぱり食事は難しいと判断し、デザートセットに。

私は粉っぽいものを食べたくて、季節のタルト、確かイチジクを。
アプリコットシャーベットも美味しい。

配偶者は、逆に粉っぽくないデザートがよいとのことで
パイナップル入りのクレームブリュレ、いやフランだっけ?


こちらのビストロゼブラに入った時間は、13時台。
メニューを眺めてオーダーした際に、ランチでないと知ったマダムが
慌てて「ランチじゃないって~!」と奥に伝えに走ったので
何かランチでデフォルトで出てくるものがあるのかな。
なので、ランチタイムの時間にカフェ利用する人は、一言伝えた方がいいのかな。

そそ、たこ焼きのほかにお茶も買っていったのですが、
お抹茶とお菓子のサービスがあり、一服。


カフェ&散策後、病院に戻り、しばし過ごし。

義母はずっと泊り込み、私たち夫婦は実家に泊まり。
夜駆けつけた義弟はそのまま病院で一夜を。
翌日私たちもまた病院を訪れ、午後自宅に帰りました。

土曜に急に降った雨上がり。

小さく姫路城のシルエット。