2007/04/29

クリスピー・クリーム・ドーナツ


アメリカでは驚異的な人気を誇るドーナツ屋さんらしくて、
日本では新宿で恐ろしく並ばないと買えない、と云う話を聞くと
天邪鬼の私は「ふーん」と思ってしまいますが、
盛んにメディアで紹介され、「口の中で溶けるぅ~!」とか表現されてると
ちょいと一口、どんな風に溶けるのやら食べてみたいなあと思ってました。

でも並ぶのは厭。

今日、夕方から配偶者は友人と会うため新宿へ外出したので、
私はおとなしく家で家事などを済ませて居た処、「お土産あるよー」とメールが。
皆目見当がつかなかったが、まさかクリスピー・クリーム・ドーナツだとは。
彼も絶対に並ばない性質なので、心の底から驚きました。

なんでも、もうお店で何も食べたくないほど食べてしまったので
うだうだ話すのに、その時1時間待ちとの表示でちょうどよい、とノリで並んだんだそう。
一人暮らしの友人に2個お裾分けして、残り10個をお土産に。
それでも2人で食べるには充分すぎる量。

この中から、シュガーレイズドとオールドファッションチョコレートを
レンジでチンして温かくして、さて肝心のお味は・・・。

確かに、溶けるように口の中でさっとなくなる軽い生地です。
うわー、もし自分でこの生地作るとしたら、激しく格闘しそうな気がする。

軽いけど、シュガーレイズドなため、激しく甘いです。
1個食べたら、甘党の私をして「ご馳走様」でございます。
23時に食べちゃったよー。
あと2時間は眠らないようにしないとね。

もし誰かに頂いたら、それはそれで美味しく頂くけど、
自ら並んでまでは多分、買うことないだろうなあ。
ここら辺の価値観が、配偶者とも合っていてほっとしたり。
ともあれ、一度食べることが出来たので、並んでくれて感謝であります。
昼間は2時間待ちで、列の後ろがタカシマヤの方まで延びてたそうですよ。

コールド・ストーン・クリーマリーのように、どんどん店舗を増やしていくんでしょうかね?
プロモーションとかなんだか同じ匂いがします。

翌日色々食べた中の一つ、フレンチクルーラー・・・あ、甘い・・・。