2007/02/11

ヨーグルトクリームのココアロールケーキ


わわ、やっぱり詰めの甘さが露呈するケーキとなりました、と先に言い訳をしてみたり。
巷でバレンタインと云う話題で盛り上がってる風なので、
ABCのイベントで習ったルレ・オ・ショコラを復習がてら、アレンジしてみました。
14日なんて、朝会話するのが関の山だろうしね。

まずは、ココアのスポンジケーキを習ったとおりに焼きました。
しかし。
ダイエット中の配偶者に、チョコや生クリーム満載で食べて貰う訳には、いかんのです。
私も昨日から胃弱だし。

で、自家製のスーパースキムミルクヨーグルトを使って、
ヨーグルトチーズを作ることにしました。
コーヒーフィルター一杯にヨーグルトと、レモン汁少々を入れて、放置します。
半日ほど経つと、水分が抜けて、もっちりとしたヨーグルトチーズの出来上がり。
砂糖などは一切加えません。

スポンジケーキには、プレゼントで頂いたコンフィチュール エ プロヴァンスの
「苺”マラデボア”、白桃」を少量の水で伸ばしてシロップ代わりにして打ちました。
このコンフィチュールはとても上品な味だったので、単にパンに塗るだけでなく、
何かしらこんな風に形にしたかったのです。

更にヨーグルトチーズを塗り、小さめのいちごを並べます。
ここでヨーグルトチーズをもっとたっぷりと乗せておくべきでしたね。反省。

そんなこととは露知らず、くるりと巻いて、ラップに包んで馴染ませます。
飾りつけは、ヨーグルトチーズを絞り、ママの手作りパン屋さん で購入した
チョコチップとドライミックスフルーツを散りばめて出来上がり。

なんと云うか、断面の処理を忘れておりまして、だらしなさ全開です・・・。

ヨーグルトチーズはレモン風味でさっぱりしているので、
配偶者は一気に1/3本平らげましたよ。
でも、久しぶりに水泳しに行ってきた帰りだから、いいことにしよう。
熱いミルクティと共に。

こういう行事にかこつけて、
二人で元気に暮らしていることに感謝することにしましょう。